2005年03月13日

怖いモノ見たさ

古い歌劇(といっても97年だけど)が出てきて、読んでた。
丁度「ダルレークの恋」の舞台写真が載ってる頃。
ペペル素敵〜とか思って見てたら、ダル湖の主な配役の代役が載ってた。
そのまま引用するので、敬称略させて頂きます。

ラッチマン(本役・麻路)@稔幸。これは妥当だわな。
ペペル(稔)@音羽涼。これまた格好良さそうなペペルになりそうだな。
カマラ(星奈)@彩輝直

…えええええええええええええええええええええええええ!?
なんで!?
そして追い打ちをかけるように、

パレードの女S(星奈)@彩輝直

だっはっはっは!!!!

おそらくファンの間では有名だったんだろうね。
私は今初めて知りましたよ…あはは。
稔さんと彩輝さんのラブシーンかぁ…
お代官様〜くるくるくる〜を稔さんと彩輝さんで…

ある意味見てみたいけど、良かった…トップコンビが体調を崩さなくて…

この頃は「歌劇詩壇」とかいうコーナーがあったなー懐かしい。
好きなジェンヌさんへの想いを詩に書いて投稿するコーナー。
これ好きだったなー。面白いのとかあって。
今の歌劇は面白いコーナーとかあんま無いから、またこういった面白コーナーが欲しいところ。
posted by seto at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(雑談他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵麻緒ぶんぶんぶんちゃん

ずっと見たい見たいと思ってた番組。
『華麗なる卒業生たち#65「絵麻緒ゆう」』
1回目放送の時は予約し忘れて、
2回目放送の時はタイマー失敗して。
3回目放送でやっと録画出来て見れた。

ちなみにこの番組はOGさんが45分間、延々と宝塚時代の事を語る番組。
もう楽しみで楽しみで。
何でってアータ!
あの爆弾娘のぶんちゃんですよ?
どんな爆弾投下するか、楽しみで楽しみで。
だから強力な防弾チョッキを着て挑んでみた。

…始まって早々、編集されまくり!
いやぁ、今まで色んなOGサンのやつ見たけど、こんなの初。
どんどんカットして繋げました、って感じ。
後半はそこまでカットじゃなかったけど。
この時何言ったんだろ、とか、どんな爆弾投下したんだろ〜とか想像してたり。
結局大きな爆発は無くて残念だけど。

とまぁそれはともかく、絵麻緒さんってほんと負けず嫌いの人なんだなーって。
そして舞台にはとても真摯な人で。
役を引きずってしまう程、その役に入り込むらしい。
ルドルフ、沖田君、ディーン、リフ、チャムガとか凄かったらしい。
あと坂本龍馬のせいで男の理想高くなったらしい(爆笑)

今でもルドルフが大好きらしい。
小池君に会った時、「エリザベート出してよールドルフで。痩せるからさ〜髪も切るからさ〜」と言ったらしい(笑)
どっちにしろもう少し痩せてくれたら嬉しい。

リフの時は腰にヒビが入ってたらしい。
家帰って痛くてのたうち回って泣いてたほど。
「ノルさんとは兄弟分みたいに育ってきたから、その人のお披露目というのは自分のことのように嬉しかった。
 だから絶対休みたくなかった。」
みたいなこと言ってた。
ちょっと泣きそうになったぞ。

轟さん大好き(笑)な事とか、まひるちゃんの事とか聞けて嬉しかったな。
爆弾処理された番組だったけど、これもこれで良かったのかもね。

やっぱぶんちゃんはいつまでもぶんちゃんだな。
言ってくれるぶんちゃん、大好き。

どうでもいいが、ぶんちゃんのライブが見たい。
やってくんないかなースカステさん。
posted by seto at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | SKY STAGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇后の涙〜月エリザ〜

祝!
いやぁめでたい!
何がって?
そう、11日は「エリザベート」を初めて1階席で見たのです!
ドンドンパフパフー!
しかもS席ときたもんだ。
オペラグラス無くても顔が見えてしまう。
エリザでは一番近くて宙エリザでの2階最前だったか2列目だったか(忘れた)
月エリザに関しては初・上手(かみて、です。念のため(じょうずだったら失礼極まりない)

おお!宍戸錠がよく見える!
おお!神のごときトート閣下
おお!棺桶の下でうずくまってる!スタンバイしてる!(おそらく大空氏
おお!シシィちゃんキャワイイよー!
おお!フランツ素敵!
おお!ヴォルフ鼻血!!

しかし1階でのエリザというのはなかなか慣れないもので。
見え方が全く違う。
最初の亡霊のシーンなんて、前列の人しか見えないのだ。
ええやんエリザベートの所も。
後ろで小芝居してるかわいこチャン達が見えないのだ。
ちょっと寂しい。
ミルクは近くになるからちょっと嬉しかったけど。

しかし今まで見えなかった表情がよく見えた。
特にシシィ。
ああ、こんな表情をしてたのか。
だから今日はシシィに感情移入してしまった。

さてさて今回の転がるオレンジ
今回もカナリのスピードで転がり、シシィは追いつけない。
しかし角度が良かったのか、オレンジは前回のように穴には落ちず、見張りの兵士の足下に。
兵士がパッ!と取り、シシィにハイ!と渡す。
シシィはそれを受け取り、相変わらず可愛らしく前屈みでスタタタタと。
その時のフランツの笑顔もまぶしいぜ。
パパにもちゃんと渡して、一件落着。
あのオレンジ転がすの、難しいらしいね(スカステで霧矢サン&瀬奈サンが言ってた)
これからも楽しみだ。見に行けるか分からんけども。

2幕のルッキーのアドリブ。
どうやら撮影のターゲットは二人。
「どちらにしようかな♪(指をさしながら)
 うーん…こっち!(下手寄りのお方を)
 ふふーごめんなさいねぇ〜!(上手寄りの方に)」

多分こんな感じだったと思う。

で、今回久々に泣いた。
何回ぶりだろ〜泣いたの。
私も泣いたが、シシィも泣いてた。
運動の間だったか体操の間だったか。
フランツの浮気を知った後、シシィ、泣いてたんだよね。
そして昇天のシーン。
シシィ、号泣してた。
ぼろぼろ涙こぼしてた。
死を選ばなければ自由を得れないシシィ。
そしてその自由を得た。
これで本当にシシィは幸せだったのかは分からないけど。
その涙を見たら、これで良かったんだろうなって。
なんか真面目に考えてしまった(普段はあっさりサッパリ)
それにつられるように私も泣いてしまった。

で、私、一度泣くと止まらないんですよ。
だからフィナーレ冒頭でガイチ君が歌ってる時もボロボロ泣いてるんですよ。
でもガイチ君の歌声、ほんと良いよね。なんだか泣ける。

というわけで涙の観劇でしたとさ!あはは!
posted by seto at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。