2005年03月18日

終わる時の無い、永遠の…〜月エリザ〜

見納め。
今日で見納めなんです。
「エリザベート」も、彩輝さんも。

オッサン宍戸錠なルッキーも、
優しさの満ちあふれた理想の結婚相手のフランツも、
顔色悪い足長ルドルフも、
かわいいかわいい子ルドルフも、
ソプラノお得意の冷たく怖いゾフィも、
エロさと痛さ炸裂のヴォルフも、
可愛く綺麗で凛々しいシシィも。
可愛く格好良く冷酷で美しいトートも。

そして。
可愛い可愛い彩輝君の舞台姿も。
これで最後なんだ。

で、お見合い場面(またか(だって好きなんだもの
引き戻されたパパは、
「あっちの方に(舞台袖をさしながら)いたぞ〜」
「え〜なんでつれてってくれなかったのさ〜(ぶーたれた顔」
大きい動物か小さい動物かは分からなかったけど、何かいたらしい。
お茶はやっぱりまずいらしい。
(シシィが「パパこれあげる〜」みたいなこと言ってた様に見えた)
そしてオレンジ転がし。
シシィがオレンジ落とす前に、ルッキーは転がす練習か分からんが、素振りをしてた。
で、転がす。
今日も結構勢いがあり、スピードが速かった。
しかしシシィも頑張る!
あと少しで兵士さんが取るぞ!
ってな所で、ズタッ!とこけながらGET。
「ししー!」と叫びながら腕をぐるぐる回すパパと手伝いさんと女官(?)さん。
シシィは席まで戻ると、パパは「グッ!(*^_-)b」とグットポーズ。

本日のルッキー。
「おっとー!綺麗なねーちゃんがいるぜぇ!
 写真撮らして貰いますよ!
 こうやって嘘つくのもあと3日ですね〜
 はい、鳩が出ますよっ!」

あと3日で千秋楽ってことですな…ああ。

そしてヴォルフはやっぱり赤髪だった。
結局金髪見れず…。

立ち見でエリザってのは苦しいものがある。
だって、身体が勝手に動いて踊り出しそうになるんだもの!
最初のハプスブルク家亡霊ダンスとか(どんな名前や
最後のダンスの閣下の振りとか、
ルドールフッ♪ルドールフッ♪ダンスとか、
フィナーレ群舞の闇が広がるとか。
凄く踊りたくなる。
我慢して足でリズム取ってみたけど(あやしい

で、エトワール泣いたわ〜
彩輝君最後でかつ、美々さんも最後だもんな…
あなたの歌、ずっと聴いていたかったよ…歌姫万歳。



こっから後はちょっとマジ語り。

アヤキナオについて想う
posted by seto at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。