2005年05月10日

忘れないわ、たからぁづか♪〜マラケシュ千秋楽〜

楽屋入り。
白いスーツでキメて入られた。
とても綺麗だった。
頑張れ樹里ちゃん。

千秋楽。
大劇場で樹里サンを見るのも、今日が最後。
…まぁあまり考えずに、気軽に見た。
泣かないって決めてたから。

開演前。
なぜか緊張していた私。
考えないでって言ってみたものの、やっぱり考えずにはいられなかったらしく。

幕開き。
砂の男。
また泣きそうになる。が、耐えた。

レオンの、オリガさんのモノマネ。
かなりおかしいことになってた。
左手を左頬にサッとこすって、手をOKサインにして(うーん分かりにくい…)
「ご親切に、どうもありがとうございますん♪」

リュドヴィークが翔さん扮する夫人へ、ネックレスをプレゼント。
受け取った翔サンは、嬉しさの余り失神。
嬉しそうに握りしめ、周りに自慢しては「あげないわよ!」っと隠したり。
可愛らしかったし、面白かった。

アリ君。
クロック長官にお金渡す時にちょっとミスってた。面白かった。

最後、翔さん夫人が道を間違える所を見た遠野サンが吹き出してた。

最後の、春野さんの歌をバックに登場するレオンのシーン。
なんとも言えない優しい顔で去っていく姿。
やっぱ泣きそうになった。仕方ないか。


レビュー。
麗しの寿美礼さん。
「私、すみれちゃん♪
 今日は千秋楽よ〜♪みんな、笑いなさ〜い!」
あとはざわめく客席に向かって、「シーッ!」と。

ジュリアン様。
「むっはぁ〜〜(女装寿美礼さんの投げキッスの真似)
 私、サキホちゃん♪
 ♪忘れないわ〜たからーづかー♪
 ♪樹里はいついつま〜でも〜♪」
で、歌の始まりを過ぎてしまい、カウントしてから入る。

ラインダンス。
諸事情により、ラインダンスを見ると笑いがこみ上げてくる。
笑いと葛藤してたら、衣装の羽が落ちた。
後ろから二番目の子の羽が取れたんだろうか?後ろの子が抑えてあげてた。
その後の群舞で、男役さんの誰かが拾ってた。

エトワール。
うー。来た。
さすがに来た。
多分泣いた。
それにしても、何度観てもこのシーンは綺麗だな…。


たくさん観たこの作品も、今日でおしまい。
しかし、いっぱい観たなぁ。こんな作品なのに

普段はこれで終わりだが、今日はサヨナラショーが待っている。
また後ほど。
posted by seto at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。