2005年09月30日

またしても

「…またやっちまったよ、こだまっち…
DVD、ならないかもよ…」

と、星ファン友達からの報告が。
…なに!?またやっちまったのか…!?
posted by seto at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯からもしもし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたに出会えて、幸せです〜日生楽屋出−何ちゃらパーティ

出。
みんな白いハンカチを持って「はひふへほ〜」と泣く。
どんな見送り方やねん。さすが、樹里さんらしい。
真っ白の服に身を包み、去っていった。
ばいばい、樹里ちゃん。

スカステで観たのだが、帝国側まで物凄い人がいた。
凄いなぁ…


なんとかパーティ。
食事が美味しかった!さすが帝国。
待ち時間はずっと樹里さんの映像鑑賞。
貴重な映像など色々あって良かった。
某ベルサイユの白薔薇に興奮してたなんて秘密

色々お話聞いて、記念撮影して、メッセージカードを手渡しして、記念品を手渡ししてもらって。
…手渡し。
そう、最後に樹里サンへ気持ちを伝えれる時。
何を伝えたらいいのだ。
伝えたい言葉はこの前お茶会で伝えた。
だったら今回は何を言えば?
また胃が痛くなってきた。うががが。
樹里さんを目の前にして思い浮かんだ言葉。
泣きそうになりつつ、伝えてみた。
うん、笑ってくれた。笑顔で返してくれた。
ああ…この笑顔が大好きだったっけなぁ…って。
この笑顔に沢山癒されてきたなぁ…って。
しみじみ。

最後、歌。
また歌ってくれた、あの歌を。
千秋楽を見れなかった人達の為にも。
Gentry Break My Heart
すると瞬時にして、今までの思い出が走馬燈のように駆けめぐった。
ディエゴ。
これが出会いだったっけ。いいやつだったよな。
リカルド。
今となっては分からないけど、リカルドに出会わなければ、私は今ここにはいないんじゃないかって。
そう思わせてくれるぐらいに大きな役。大好きな役。思い出深い役。
リカルドに出会えて良かった。
樹里さんに出会えて、よかった…
そんなことを考えていたら、静かに涙が頬を伝った。
実はさっきこの歌を舞台で聴いた時は、あんま泣かなかったんだ。
いや泣いてたけど。涙が収まって笑顔で見送れたんだ。
でも、今回はあかんかった。
涙、止まらんかった。
どうやら私だけでは無かったみたいだけど。
みんな背中はずっと、ニコニコ笑ってるのにね。
黒い涙ぽろぽろだったわけです。

まぁ最後はもちろん大爆笑で終わったパーティでした。
最後、樹里さんは目の前で長時間滞在されて、ドッキドキのまま終わりましたとさ。

いろいろと。
posted by seto at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑顔〜日生アーネスト千秋楽

開演。
千秋楽なのでペンライトが配られる。

千秋楽なのでアドリブが。
アーネスト、キュウリサンドを「おいしそうだね!」と食べようとすると、
いつもアルジーに止められてたのだけど。
今日は止められませんでした。
「あ・あれ?」
「1つだけだよ」
ふえええー!?みたいな感じで、食べる。失神。
「もうでけへん…」
その後水を飲んで。
まあアレだ、あのキュウリサンドには秘密があるのだが…パーティ参加者だけの秘密というわけで。
しかしそうとうマズイらしい…
アルジー的には美味しいのかな。

後は格闘してた。
何って?
睡魔と、空腹感と。
本当に眠かったんだよ…
入り時間早かったし。
眠い。しかし目に焼き付けなければ。あーあーあー
ずっと格闘してた。
…こいつ本当にファンなのか?

しかし見ながら考えていた。
私はこの人のどこを好きになったのか。何を好きになったのか。
考えてたらもっと頭痛くなった。
一幕終わりで隣の人はボロボロ泣いていた。
うんうん、分かるよ。
私もあの表情、大好きなんだ。
アーネストがグウェンドレンを見つめる顔、優しくて好きだった。
しかし私は寝不足と考えすぎで頭が痛くて、泣いてるどころじゃなかった。
いや、笑顔で見送るって決めてたからこれでいいんだけどさ。



続き。2幕から。
posted by seto at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。