2006年01月12日

戦場に咲き、戦場に散る白薔薇〜霧矢さんオスカル

戦場に咲く白い薔薇。
戦場に散った白い薔薇。
強く頼もしく、そして優しい白薔薇。

自由と平等と友愛の為に戦い、
自由と平等と友愛の為に散った。
市民の為に。
平和の為に。
幸せの為に。

軍人として育てられ、軍人として生きて。
だけど温かい心を持ち、優しくて。
いっぱい悩んで考えて、市民の味方についた。
これが正しい道だから。これでこそ、フランスの平和の為になるから。

あなたこそ隊長に相応しい。
市民を守る、衛兵隊の隊長に。
だから市民も兵士達もあなたについて来たんだろう。
強くて頼もしく、優しい貴女だから。

そんな貴女で観てみたかった。
衛兵隊のみんなを結束させる場面を。
いい場面になっただろうなぁ。


とまぁ、こちらも素敵なオスカル様で。
軍人であり、一人の女性であり。
強く優しく温かい、霧矢さんらしいオスカルで。
だからこそ、戦場で散る姿は絶品だった。
平和の為に戦い、平和の為に散るあなただから。
だからこそ「戦場に咲き、戦場に散る白薔薇」と呼ぶに相応しい。
・・・今年のベルばらで初めてバスチーユで泣いたわ。あはは。


他はというと。
プロローグでマント踏んづけてこけそうになってたり、
たまに声が裏返ったりしてどうなるかと思ったが。
歌い出すとさすが霧矢サン。
上手い人ってホントいいね。
今宵一夜、もう聞き応えバッチリで。

私は横顔で人を好きになる事が多いんだけど、
霧矢サンの横顔、むちゃくちゃ綺麗だった。
ブロンドの髪の隙間から見える、凛とした横顔。
ああ、綺麗。思わず見入ってしまった。

小雨〜は、ターバンと同じような柄のヘアバンド、
ソバージュだかパーマのポニーテール。
それがもう、むっちゃくちゃ可愛かった。
まるで小悪魔ちゃんのように妖しく微笑み、湖月サンを誘惑する。
うーん、湖月サンもタジタジですな。
今の所、一番女性らしいかも。ああ可愛い。

何とかしてもう一回観たいが・・・なにせ時間が無い。残念無念。
posted by seto at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1幕終わり

マント踏んでこけかけてた。…目の錯覚か?
悶絶婦人は「まぁ〜高いオハナ♪」と予想通り。

しかし眠い。頑張れ自分!
posted by seto at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯からもしもし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。