2006年03月03日

君は、素晴らしいファンになれるはずだよ

修学旅行生の団体がいた。
開演までは恐ろしくうるさかったが、幕が開くと静まった。
眠りについた人、真剣に見入ってる人、ぼーっとしてる人。
のんべんだらりと舞台が進む中、ついに1幕最大の見せ場。
そう、ペガサスちゃんだ。
眠りについた生徒に「おい見ろよ!」と叩き起こす子がいたり、
大爆笑する子もいた。
はたまた、ただ呆然としてる子もいた。
私の隣に居た先生と思われる人は、ガタガタ震えてた。
どうしたんかなーと思って見ると、笑いをこらえていた。
最後、サーベルを抜いて決めポーズした時なんて、こらえきれず二つ折りになってた。
幕が下りた後、その辺にいた生徒のそばで笑い崩れ、生徒になだめられてた。
そうか、楽しんで頂けて嬉しいよ。

そして2幕。
「オスカール」という声と共にガラスの馬車が登場した瞬間。
またしてもその先生は震えだした。
さっきよりも物凄い勢いで震えだしてた。
馬車が終わり、チラッと隣を見ると。
・・・やっぱり、笑いをこらえていた。

あなたはきっと、素敵な宝塚ファンになれると思います。
これを機会に、もっともっと宝塚をご覧になってくださいね。

やっぱりベルばらって感動の大作じゃなくて、○○の大作なのかもしれない。
posted by seto at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。