2008年09月21日

黒髪万歳。〜花全ツベルばら

全ツ始まりましたね。梅芸4公演見て参りました。
正常でないなぁと思いつつ仲間内はみんなそうだったので、これが普通なんだと思いこむことにしておきましょう。

梅芸、ほんっっと楽しかった!!!
黒髪コンビ(真飛さん&壮さん)がもうもうたまらんかった…。
やっぱり男役は黙って黒髪!ですよね。ええもう目の保養すぎて。でれでれ。

次回観劇は四日市までお預けなので…スーツケースの準備をしつつ西へ帰ってこられるのを待つことにしましょう。

早速感想をば。

ネタバレよ〜
posted by seto at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

ありがとう、と伝えたい〜春野さんコンサート

春野さんコンサの感想書きたいのに時間がない上に、明日は全ツですよ。ええ見てきますよ4公演(ビョーキ…)
そんなこんなで明日から全ツですが、コンサ千秋楽には花組の全ツ組が来てくれました。

宝塚メドレーでマルセイユ歌った後に花組来てることを紹介してまして。
「シモンが来てくれてます〜。マリアンヌもいるのかな…?(と生徒席をのぞき込んでた)」
恒例の「3階席いえー!2階席いえー!1階席いえーい!」の後、花組さん達の方に向かって「タカラジェンヌいえーい!」とやってました。

カーテンコールで春野さん、格好良く「ついて来いよ!!」と言って、みんなひゃーひゃー言ってたのですが。
再登場された時に「私、もう男役卒業したんだったわ…。えっと、皆さん、ついていらして(と言った後に鳥肌寒〜と腕さすってた」
と言った時に、壮さんが手ぇ叩いてバカ受けしてたのがオモローでした。
3階からでも分かるぐらいに大笑いされてたのが可愛かったです。
花組さん達、稽古終わってすぐの時間に来てくれてありがとーーー!!

-----------


春野さんのシングルコレクションやCD−BOXは買ったけど、ほとんど聴いてない。
音楽をCDで聴くのはあまり好きじゃなくて。
音楽は耳で聴いて、目で聴いて、肌で聴くのが一番好き。
春野さんの歌声場合は特にそうだ。
劇場中に響き渡る歌声を耳で聴いて、
気持ちよさそうに歌う表情を目で見て、
そして、歌声で震える肌を、拍手で揺れる劇場を、肌で感じるのが好き。

生歌を聴くのは実に9ヵ月ぶり。
久々に身体中で歌を感じることが出来て、本当に幸せでした。
やっぱり、やっぱり、寿美礼さんの歌声が大好きだ。
無条件で好きな歌声ってこのことなんだろーなぁと痛感。
歌ってる表情も、高い歌声も低い歌声も、ほんとーに大好き。

寿美礼さんがコンサート中に、何度も言ってくれたこと。
「これからも歌い続けます」
「皆さんにもっと幸せになって欲しい、そのために歌いたい」
「ファーストコンサートは今回が最後ですが、これから第二弾、三弾と…」
そう言うたびに、ありがとう、ありがとうと心の中で繰り返して返事した。
ありがとう、本当に有り難う。
寿美礼さんが歌い続ける限り、私は歌を聴きに行き続けるんだろうなと思った。

たくさんの幸せ、本当にありがとう。
歌い続けると決めてくれて、本当にありがとう。

ありがとう、寿美礼さん。
posted by seto at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(OG?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

観劇de感激!〜四季キャッツ

え〜実は先週の金曜、私の誕生日でした。
自分への誕生日プレゼントとしてその次の日の土曜日13日、ある所へ行ってきました。
ココです。
都会のゴミ捨て場

キャッツシアター♪
はい、行ってきてしまったんです。キャッツ観に行ってしまいました。
日帰りでマチソワ2公演。だんだん正常でない観劇態度となりつつありますが、気にしない気にしない…。

11月で25周年を迎えるそうなので、シアターが25周年仕様にデコレーションされておりました。
シアター内にはそれぞれの猫さんの肖像画っぽい写真が額に飾られていて、額には尻尾がぶら下がってました。
この写真欲しい…
グリザベラの写真は佐渡さんでした♪いや〜〜〜ほんま美しゅう…。

約一ヶ月ぶりに見たのですが、私はやっぱりキャッツって作品が好きだな〜と。
初めて見た時は、猫しか出てこなくて、ストーリー展開もあまりなくって、なんか不思議な作品だな…と思ってたのですが。
何回か見ていく内に、それぞれの猫のキャラや歌が本当に楽しくて。
もうね、最近頭の中はキャッツの歌がぐるぐる〜〜。

以下、キャストさんについてちょくちょくと…。
前回見たのと違う人や、印象に残った人を中心に…。
続きを読む
posted by seto at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台(宝塚以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

どれほど会いたかったことか〜春野さんコンサート

「皆さんのハートに届くような歌を歌い続けたい」

その言葉を聞いて、この人は歌い続ける道を選んだんだなって思った。
嬉しくて、ちょっぴり涙が出た。

寿美礼さんのコンサート。
私は退団後に初めてお姿を観ました。
髪が伸びて、ほんと可愛らしくなって。
ほわわんとしたちょっと変なMCとか、笑った時に目がぎゅっとなる所とか、横を向いた時の首筋とか、浮き出る鎖骨とか、男役メイクしてないのに恥ずかしがることなくガチdeキザってる姿とか、ぜんぜん変わってない。
変わったなぁと思うところと、変わってないなぁと思うところと。
色々見つけるたびに、なんか嬉しく感じて。

寿美礼さんの歌声に酔いしれ、可愛い可愛いスカート姿にニマニマして、幸せいっぱいの中で次の歌。
イントロ聴いた瞬間に鳥肌立った。
「ボンソワール・マルセイユ」
黒いきらっとしたスーツに身を包み、髪は一つに束ね。
あの頃より穏やかなようにも聞こえたけど、でも本質は変わって無くて。
ジェラールさん。
あの時よりは御衣装が派手だけど、髪も長いけど、かわってなくて。
あの歌の歌詞が、今の自分の心境そのまんますぎて。
“おまえを忘れた日など、一日もない”
…いや、一日や二日ぐらいあったと思うけど。ほとんど、忘れた日はなかったんじゃないかな。
“どれほどおまえに会いたかったことか…”
本当に、本当に会いたかった。
ずっとこの日を待っていた。
もう、信じられないぐらいに泣いた。あほみたいに泣いた。


やっぱり私は寿美礼さんの歌声が大好きで、
寿美礼さんの歌ってる表情が大好きで、
寿美礼さんの笑顔が大好きで、
そして、寿美礼さんのことが大好きで。

そんなことを痛いぐらいに感じたコンサートでした。

普段パンフ買わない私が買ってしまいましたよ。ええ、中の写真が可愛すぎるのなんのって…。
楽日も堪能してきまっす。
posted by seto at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(OG?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

パパが贈ってくれた音楽の天使〜四季オペラ座

久々にオペラ座観劇して参りました。
久しぶりに観て思ったことは、CATSもWSSも好きだけど、やっぱりオペラ座が一番好き!!
舞台装置、ストーリー、そして音楽。どれも本当に大好きで。

HASHIGO最終日だったので、行列でチャームも品切れ状態で。

WIKEDやLKのチャームが可愛かったから欲しかったなぁ…

もう一つストラップ&CATSチャームがあるのですが品切れで後日郵送して貰うことに。
この中ではやっぱり、ファントムがお気に入りかな。赤いストーンが血の涙みたいに見える。

でね、オペラ座。
いくら作品が良くても…その…役者がねぇ。ちょっと、あれだったのが残念です。
とりあえず高井さんと戸田さんとお猿の荒井さん(かな?)をガン見してきました。

感想は続きに。
おいでえんぜるおぶみゅ〜じぃ〜〜っく
posted by seto at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台(宝塚以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。