2008年07月21日

殿下ぁ〜?〜星組スカピン

周りではグラパンさんごっこが流行ってたりします。
観劇後、私もモノマネしてみたり。
みんなのアイドル・グラパンさん。愛です。

そんなわけでスカピンの軽い感想を。
ネタバレ…あり?多分。

見終わって最初に出てきた言葉は、「やたら金かかってるな〜!」でした。
ええまぁ、あれですよ。前回の花組公演がやたら目に焼き付いてまして。
ちょっとお金分けて欲しかったですね。特に空飛ぶ棺桶に。

しかしこの作品、まさかコメディだったとは。ポスターに騙されたわ…。

シマウマ柄のアランさん、こりゃもうお手の物な役で。
相変わらず美声響かせ、アドリブ効かせ、魅せて笑わせて下さいます。
でもやっぱりグラパンさん素敵。大好き。

遠野さんの歌をじっくり聞き入ったのって初めてかも…
ってぐらいいっぱい歌い魅せて下さってます。
いや〜〜なんかホント良かった。ひとかけらのなんちゃら歌ってる時凄く良かった!
ぜひぜひ千秋楽辺りにシマウマ柄のドレスを用意して頂きたい所。

で、柚希くん。
カッコイイ!!んだけど、なんか可愛いショーブラン。
柚希くんの歌声に聞き入ったの、初めてかもしれない。
ホンマ上手くなって…と感慨深かったです。
で。で。で。
私が大好きで思い入れハンパ無いあの歌が登場するとは思わなかった…。
ショーブランが、マルグリットを想い歌う歌。
イントロを聴いた瞬間鳥肌が立った。そして、脳裏にある人物の姿が登場した。
タチアーナを想い歌う、レオナードの姿。
「イコンの誘惑」で稔さんが演じてた役です。
レオナードが歌う「ただ一つの愛」と同じ曲だったんです。
私、この歌が大好きで。
私が稔サンに半端無い思い入れがあることは皆さんご存じだとは想いますが、その稔サンが今まで歌った歌の中でベストスリーに入るぐらい大好きな歌で。
歌詞は全く違いますが、同じ曲を柚希くんが歌う日が来るとは。
感慨深かったり、時の流れを感じたり。涙が出そうになったり。
ああ、れおん君かっこよかったなぁ〜としみじみ。
そしてレオナード大好きだったな〜と懐古モードになったり。モチロン今でも大好きです、レオナードさん。

あんまり感想になってない気もしますが。
そのうちまた観に行きます。
やっぱり星組最高だなー!
posted by seto at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(雑談他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。