2008年08月31日

ベスステ創刊

久々にオペラ座見てきましたーーー!!
…とまぁ感想は明日書くとして、今日は久々に買った雑誌の話。
そういやTop Stageが休刊になって、寂しいなぁと思ってたんですが(一応毎号立ち読みはしてた)
新しい演劇雑誌「BEST STAGE」なるものが創刊されたらしく。

中を見てみると、トプステのそのまんますぎて笑った。
同じ出版社?と思えば違う出版社なのでこれまた笑った。
でもまぁ、出版社は違えどトプステの後継者的な雑誌で。
舞台ファン的には新たな楽しみができて嬉しきことです。

とりあえず宝塚コーナーは大和さんのいんたぶー。相変わらず麗しゅうです。
あと東宝エリザの舞台写真が載ってて、気になったのでまじまじと見てみる。
少女シシィの朝海さんがまんま朝海さんで可愛いなぁ。歌とかどんな感じなんだろう?見てみたいな。

で、雑誌買ってしまいましたよ!
そりゃもうあの御方が載っていましたので。
と言っても全く全くホントに全く宝塚とは無関係の方なので、続きに書きます。


いやーもうね、目次見た瞬間に感激でしたよ。
目次にも佐渡さんの写真が載ってまして!しかもすんごく綺麗で。
早速42ページへジャンピングゥ。
ああああーー佐渡さん、やっぱり綺麗。ほんと綺麗。
最新の役のグリザに関するお話が聞けてすっごく嬉しいな。
そして小さいけど、グリザ写真も載ってて嬉しー!!
でもなんかこの写真見てるとJCSジャポメイクのよーに見えたりもしますが。
はぁ…美しかったよなぁ…。観劇de感激した思い出が蘇ってきます。

インタビューでちょっと笑っちゃったのが、「キャッツシアターは舞台裏が迷路みたいに複雑で、初めは出るところが分からなくて出番直前に“誰かーっ”とスタッフに助けを求めたり(笑)」ってエピソード。
ご・ごめんなさい、想像したら何か可愛すぎて笑ってしまった…!
でも確かに通常の劇場と違って出入り口沢山ありますし、その上グリザは色んな所から登場するので(2FJG席辺りからも出てきますよね)大変そうですね。

ただ、一つちょっとショックだったこと。
「浅利さんに「佐渡は娘役卒業だ」と冗談で言われた」って書いてあって。
冗談…ですよね?またクリス演じてくれますよね…?来年こそ愛玲見たいと思ってるんですが…演じてくれますよね!?
最近勉強してる役が音域の低いのが多いそうで…色んな役見れるのは嬉しいんだけどね。ちょっと寂しいなって。
綺麗なソプラノの歌声、また聞きたいなぁ。

インタビュー見て改めて感じたこと。
何ていうかですね、佐渡さんって女が憧れる女そのものって感じで。
こうなりたいっていう理想像というか…。
んまぁ私なんぞには一生無理だとは思いますが、佐渡さんみたいな素敵な女性になりたいなって思わせてくれるんですよね。
佐渡さんがいなかったら、今みたいに四季観劇してる自分はいないのかなぁと思うと、なんだか不思議な気持ち。四季見始めて良かったです。

はぁ…キャッツ見に行きたいなぁ…。
なんか手帳開けて9月で行けそうな日をチェックしちゃってる自分がいますよ。いやいや財布見なさいよ。
そしてまだ諦めきれずに静岡もチェックしちゃったり。いやいや口座見なさいよ。
四季、次は何を見に行くんだろ。オペラ座?アン?やっぱり猫かな?


私事ではございますが9月末にまた入院することになったのですが、その時はこの雑誌持って行こうかな。この記事見てるといっぱい元気貰えて癒される気がします。へへへ。
posted by seto at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。