2009年02月02日

あなたこそ、チュシンの王

初日ぶりの更新が千秋楽とは…。

色々忙しい日々を送ってましたが、二桁観劇してしまった自分は相変わらずだなぁと思いつつ。
お茶会もお二方のに参列したり、組総見に潜入したり、色々楽しい日々を送ってました。
そしてそして千秋楽、もちろん見て参りましたーー
望月さん、退団の挨拶はしっかりハキハキしてて、ものすごくキラキラされてました。
やっぱり同期愛って凄いんだなぁ、と思いつつ。

真飛さんの楽挨拶で、「ちょうど1年前の今日は、中日劇場で新生花組がスタートしました」とおっしゃってて。
もう1年経つのか…。
その丁度1年前も、私は劇場の客席にいたっけなぁ、としみじみしつつ。
あの時の真飛さんの挨拶は、凄く初々しくて可愛いなぁとでれでれしてたのですが。
やっぱり、1年経つと変わるもんですね。
本当にたくましくて、立派なトップさんで。
まさにチュシンの王って感じでした(…何か違うけど)
タムドクさま、本当に大好きでした。
書庫でのキラキラした目、王として目覚めたときの強さと輝き、
三重奏の苦悩の顔、ホゲ最期の嘆き、ラストのクレーン乗車時の笑顔。
どれもたまらなく素敵で、たまらなく愛おしくて。
素敵な舞台を有難うと、心から言いたくなりました。

思えば今公演の感想、全く書けてないので、どこかで書けたらいいなと思いつつ。

今後の私の予定は、宙バウ見て星組さんを見つつ、四季も見て、そしてそしてマルグリット待ちでございます。
きっとマルグリ始まるとせっせと更新しまくるのではないかと思います。
といっても、3月まで見れないんですがね…。
あと今回の東京公演、3月に行こうかなぁと思いつつ。
当初は行く予定無かったんですが、かなり好きな作品になってしまいまして。多分遠征しちゃうだろうなぁと思います。

これからも細々と更新して行こうと思います。
まずは四神器感想書かなきゃね〜〜
posted by seto at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113592628

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。