2006年02月23日

ツッコメ、爆撃、同窓会〜ガラコントーク

追加公演終演後、トークショーなるものがありました。
元星組メンバーの特別トークショー。


脳内メモを頼りにしてますので、一言一句正確とは限りません。
ので、おられないとは思いますが、どこかに転載するなどもご遠慮下さいませ。
なんとなくの内容を知りたい方のみどうぞ。

色々爆撃とかも書いておりますが、
文字で見るのと直接喋りを聞くのとでは、ニュアンスが変わってきてしまいます。
文字で見るときつく見えるかもしれませんが、ほんと和気藹々でした。
以上がお分かりになられる方のみでお願いします。


皆様舞台に出てたそのままの顔・そのままの衣装。
閣下とハプスブルクファミリー、みたいな感じ。
最初はメンバー紹介。
稔さん、紹介されて座ろうとしたとき、躓いたのかよろけてへなへなとなってた。
うう、可愛い。陛下のこんな姿が観れるなんて・・うっほ。

そしてゲスト・紫吹さん登場。
ちあきさん「このメンバーがそろって、いかがですか?」
紫吹さん「なんか・・化粧が濃くていやです(笑)」
周りはみんな舞台化粧ですものね。
紫吹さん「私すごい薄化粧でいやです(笑)目、ありますか?」
いや、紫吹サンは素顔でも十分濃いし、目デカイですよ。
隣で「あるある」と頷く稔さんが可愛い。

今回のコンサートでは現役時代の衣装が出てきて、
更に夢を壊さないためにサイズ直しはしない、との条件だったらしい。
麻路さんが「倒れるほどのダイエットでした」と(場内大爆笑)

昔のメンバーが揃ったので、昔話へ。
「10年前、エリザやった頃で印象深かったこと。
 昔の思い出といえば、絵麻緒さん・・・」
ここで絵麻緒さんに話ふっちゃうんだ。そして絵麻緒さんは

「ここで話せることないですよ」

キタ。絵麻緒さんキタ。
すかさず紫吹さん、「ブンちゃんの口塞いで!」と。
そして絵麻緒さん、紫吹さんへ向かって、
「『黒革の手帳』の格好してきてくれると思ったんだけど」と。
いや話変わってるから。面白すぎるから。

そして絵麻緒節は続く。
「元星組の同期の方が観にいらしててね、
 さっきノルさんの他の作品の舞台上のインディアンの話、しときましたから」
「いや、みんなが分かる話をしようよ!」
キタ。絵麻緒さんキタ。

フランツはバラード担当だという話。
稔さん「あやに『バラード、嫌いだぁ(白城さんの物まねしつつ)』って言われまして。」
その物まねが面白くて可愛くて。
「でも本当にこの機会を与えて頂いて、嬉しかったデス♪」←こんな口調で言ってた。

月影さんに話をふるが、マイクを使おうとしない月影さん。可愛い。
10年経っても少年役。
稽古場で小池先生に「5〜6才に見えるから、10歳ぐらいにして」と言われたらしい。凄い。
隣の絵麻緒さんと手の大きさのくらべっこする。
手の大きさの違いにびっくり。いや絵麻緒さんはもともと手大きいんですがね。
もうこの二人、ほんまに兄弟みたいで可愛かった・・・。

まだまだ絵麻緒節は続く。
「♪そこでは〜♪のところのリカさんは・・・」
と喋る絵麻緒さんの言葉を遮って、
「樹里は「そこでは〜♪」がひっくり返ってなかったって言いたいんでしょ、言われる前に自分で言おうと思ってた!」
華麗に自爆する紫吹さん。素敵だ。大好きだ。

絵麻緒さんは星組の皆の歌声が染み付いてるから、
今回のガラコンで他の人が歌ってても自然と星組メンバーの歌声が聞こえるらしい。
「そこでは〜♪もリカさんで聞こえてくると思ったら、
 (聞こえた歌声が裏返ってなかったから)あ、違う人なんだ、って。」
華麗に爆撃する絵麻緒さん。素敵だ。大好きだ。

紫吹さん「樹里は素晴らしい歌声でした。もう私の歌声かき消して、樹里の歌声を埋め込んでください。」
絵麻緒さん「それは無理ですね・・・」
やば、この二人、何。爆弾の投げ合い。スリリングすぎて怖い。

ちあき様は自前のおひげ。
「外でも男役することあるんですか?」とツッコミが入る。
ほんま、今からでも戻ってきて欲しいなあ。
白城さんもカツラ・アクセは自前。
「退団してから片付けてなかったから、開けたら丸々あった」と。その甲斐がありましたね。
そこで絵麻緒さんは稔さんに質問(ほんま容赦なく甘えてますね、絵麻緒さん)
「ノルさんはどうしたんですか?化粧品とか。」
「新しく買いました」
「髪は?」
「切っちゃったの〜(涙)。軍服でロン毛もアレだな〜っと思って。」
確かに陛下がロン毛だと嫌。革命家なら全然OKなんだけどね。
私はやっぱ、ショートヘアーの稔さんが好きだな。
ショートかミディアムが好き。すっきりしててかわいい。
でもロングも素敵だったよね、オスカル様みたいで。
・・・どんどん話がずれた。戻そう。

ルドルフから見たトートはいかが?との話題。
絵麻緒さん「今回ズンコとも歌ってるんだけど、どうしてもマリコさんの歌に聞こえる。」
・・・それはあまりにもアレではないか?
絵麻緒さん「まりこさん、多分現役のトートやってる時より痩せてますよ」
倒れるほどのダイエットですものね。

フランツとシシィ、お互いはどうなんでしょうか?との話題。
二人は「普段は主婦話をしています」とのこと。
子供の育て方についてご教授頂いてるそうです。
そしてすかさず絵麻緒サンがツッコミを入れてた。
あの頃のまま容赦なく稔サンに突っ込む絵麻緒サン、変わらんねえ。大好きだ。
白城さん「現役の頃よりフランツの顔がよく見えるようになった。
 現役の頃も見えてましたけど、夫婦なんだ〜とより感じるようになった。」と。
二人の間が深く感じるようになったのは、客だけでなくお互いもそうだったんだね。
この二人、本当に大好きです。


そんなこんなでトークショーもおしまい。
あっという間の時間でした。
でもとても楽しいひとときで。とても幸せでしたわ。
もうほんま、ぶんちゃんフォーエヴァーですわ。
星組万歳。
posted by seto at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。