2006年04月14日

見て眺めて、たまに歌う〜エンキさん涼さんコラボライブ

お誘いを受けたので、エンキさんと涼サンのコラボレーションライブを見てきた。

しかし涼サンは出てこない。
出てきたと思ったら曲紹介で、あとは隣に突っ立ってエンキさんの演奏を眺めてるだけ。
ええええええー?
1幕でのコラボは「さくらさくら」だけだった。
あとはプラハも歌ってたけど、後ろのオケさんの演奏だったし。
1幕で涼サンが歌ったのは2曲のみ。
えーーー

2幕はそれなりにコラボされておりました。
歌ったり踊ったり。
が、やはり隣に突っ立ってエンキさんの演奏を眺めてたり、
隣で椅子に座って脚組んで、エンキさんの演奏を眺めてたり(しかもスポットライト付)
隣でエンキさんのマイク持ちしてたり。
・・・劇団は一体、涼サンに何をさせたかったのだろう。

でも、こーやって涼サンをじっくり見て、じっくり聴いたのは初めてだったかもしれない。
いい男役さんになったねえ。
いい意味で宝塚臭くて。
最近ナチュラルな芸風が多い中、こういう芸風の持ち主は貴重かもしれない。
これからも楽しみにしてるよ。
posted by seto at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。