2006年04月20日

太陽観測

今日も太陽観測をしてきた。
なんていうかな、その。
まだその余韻に浸っていたくて、感想が書けない。

空を見上げると、太陽はいつも光を与えてくれた。
舞台を観ると、太陽はいつも元気をくれた。
でも、本当にあなたがいなくなってしまうのかと思うと。
宝塚の舞台で見ることが出来ないと思うと。
もう・・・

涙が、止まらない。
posted by seto at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 宝塚(雑談他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
setoさん、こんばんは。
私も今日Across観てきました。
まさか、こんなに泣くなんて思わなかった、
ってぐらいに号泣でした。
>空を見上げると、太陽はいつも光を与えてくれた。
>舞台を観ると、太陽はいつも元気をくれた。
本当にそうですよね。
わたさんは太陽のように大きくて暖かくて・・・
新公時代から見てる私にとって、宝塚の舞台からいなくなるなんて、
本当に信じられません。

今でも舞台を思い出すと、涙がこみ上げてきます。
今日は一人、泣きながら寝ると思いますね。。。

Posted by しー at 2006年04月22日 03:17
>しーさま

こんばんは♪
しーさんもご覧になられたのですね。
私もまさかこんな泣くような内容だとは思いもしなかったので・・・不意打ちでした。
ワタルさんは太陽のように熱く、人々に光を与えてくれて。
本当に本当に暖かくて、おっきな人です。
そんな湖月サンがいなくなるなんて・・・私も信じられないです。

太陽は沈んでも、必ず人々の前に現れてくれる。
だからきっと、湖月サンもまた私たちの前に現れてくれるんじゃないかって。
勝手ながら思っちゃってます。

私も見た日の夜、思い出してはボロボロに泣いてました(−−;)
でもホント、いい舞台でしたね。見れて良かったと心から思いました。
Posted by seto at 2006年04月24日 01:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。