2006年04月24日

貴族な青薔薇との別れ

今日は貴城さんアンドレが千秋楽だったそうだ。
東京から天国へガラスの馬車で飛び立った貴城アンドレを想いながら、
この日の為に借りた雪ベルDVDを眺めることに。

巡り来て三度〜♪の所でセリが下がるのを見て、毎回ワクワクしてたっけなぁ。
アンドレさんはプロローグが一番カッコエエと思ってますので。
そうそうこの後姿。この背中にドキドキしてたっけなぁ。
マントなびかせて振り向いた瞬間のアンドレが、この上なくカッコエエ。
しかし貴城サン、似てるなぁ。元雪の某人に。

心の白薔薇歌った後、笑顔で心の白薔薇を思い浮かべる。
その時の純粋なまでに真っ白なアンドレの笑顔が優しくて、美しくて。
毎回、役替アンドレ達はそれぞれどんな笑顔を魅せてくれるのかが楽しみだったなぁ。

どうやらマルチアングルが付いてるらしい。
というわけで、アングル2で見てみた。
ずっとアンドレのアップで映る。
青薔薇ファン的にはオイシイけど、
果てしなく貴族が似合わないばらの青年・水サンが映らないのは少々残念。

他にもオスカル、ロザリー、アランのアングルがついてた。
時代も進歩したもんだなあ。

プロローグだけ見て、貴城アンドレさんとお別れしました。
細いし貴族だしキャラ違いアンドレだったけど、よかったです。
ええ夢見せてくれてありがとうね。

特典映像にCM撮影風景なんてのも入ってた。
これ見てたら、やっぱりアランドレさんを観に行きたくなる。
あー・・・見たい・・。
posted by seto at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(雑談他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17008966

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。