2006年05月14日

偉いえらいエライ〜月組・暁のブリアン

やって来たよ月組!
やって来たよ2本立て!

そう、今年の大劇場作品で初の2本立。
ベルばら2連続にサヨナラ公演という、これでもか!というぐらい密度の濃い1本立続きだった年明け。
やっとこさ、宝塚が帰ってきました。
(自分の中では宝塚は芝居・ショーの2本立てのイメージがありまして)

悲劇だと知ってたので気合入れて、我が愛する指定席で見ることにした。
どうやら今日は瀬奈さんとこの総見らしい。
昨日は真っ赤だったらしいが、今日の2階席は人で埋まってる。
うん、いい眺め。
オペラのセットもして、気合十分!さあ来い、キムシンde悲劇!




・・・と思ったら。
袖から霧矢サン&北翔サンが登場。イキナリ漫才をし始めた。
・・悲劇、だよね?私が知ってる原作と違うのかな。
漫才はさすが霧矢サン、プロでした。
「ぼく自殺しちゃうんだよね〜あはは〜」
と、霧矢サンに自殺宣告された。
これは息巻いて霧矢サンを見とかなければ。
そうこうしてるうちに二人の漫談が終わり、掴みはオッケー(?)な所で幕が開いた。

神々しい光を放ちながら、轟サンが登場。カエサル様だ。
喋らなくても皇帝さま、喋ったら理事さま。
しかし轟サンにロックを歌わせてはいけない。
歌詞、何て言ってるんか分からんかった・・・。
唯一分かったのは「カエサルはえらい〜♪」
何回歌ってた、この歌詞。
そんなカエサル様には愛人が大量にいらっしゃって、キャーキャー言われてました。
薔薇を投げたら、愛人達は闘志むき出しで奪い合い。
この場面の為に通える気がする・・・。

ブルータス@瀬奈サン。
前髪長くて、どっかのアイドル風味。格好良く決めて下さいました。
が、「うそだぁぁ!」が凄く情けなくて笑えた(そんな瀬奈サンが好きです、念のため)
結局最後までブルータス君はどこか、情けないままでした。そこがエエんですがね。

大空サンは相変わらず美形でクールビューティ。
いやホンマに美形で。金髪似合うねえ。

途中で瀬奈さん&彩乃サンが「愛してる」連発の歌を歌ってた。
我が愛〜もビックリ、むしろベルばらもビックリなぐらい連発してた。
次見る時は何回歌ってるか数えてみよう。

霧矢サンは開演前あんな漫才見せてくれたけど、歌うと霧矢さんのモノになりますな。
迫力あるし上手いし。ああーええわ〜。
っつーかいつ死ぬか覚悟して観てたのに、そこまで話進んでなくて死なんかったし。

幕が下りてトイレにダッシュしようとしたら、まだ終わってなかった。
悲劇のはずが、無理矢理ハッピーエンド。
ま、宝塚は楽しけりゃナンボですわな。

単純なんだけど、フツーの話なんだけど、どこか気楽で。
こんな風に気軽に観れて気軽に楽しめる、そんな作品が私は好き。
普通に楽しんできました。ま、久々の2本立てだから楽しめたのかもしれないけど・・・。


ショーは幕開きから嘉月サンが凄かった。
そして巨大指輪なんて出てきちゃったり、何でもアリだ。
ゆら姉さんのサヨナラなので、とりあえずガン見。
夏河サンと轟サンと笑顔で見詰め合った所見たら、泣けてきた。
瀬奈さんは総見席に向かって「僕とダイヤ、どっちが好きですか?」と聞いてた。

色々と言いたいことはあるんだけど、今日はある場面を。
ある場面で轟サンは、コートにソフト帽姿で登場した。
どこか悲しく寂しげで、憂いを帯びていて。
そんな姿を観て、ある姿を思い出した。
記憶の底にしまっていた、ある記憶がえぐり出された。
忘れかけていたこの記憶。この感情。この感覚。
身体中が震えだした。

そう、その姿はまるで“ラヴィック”だった。
私が轟サンのファンになり、憧れて、惚れ込んだ役。
私の宝塚人生に大きく刻まれた役。
大好きな役。とても大切な役。
懐かしさと苦しさで胸がいっぱいになって、泣きそうだった。

どうやらこれはブエノスアイレスのタンゴの場面らしい。
そんな轟サンは、夏河サンとデュエットダンスをした。
時間的にはそんなに長くなかった。でも、一瞬でもなかった。
そのわずかな時間に、二人の間にはどれほどの想いがあるんだろう。
どれだけの思い出があるのだろうか。
私には一生かけても分からないことだろう。
でも私はこの二人がガッチリ組んで踊ってくれて、嬉しくて寂しくて涙が止まらんかった。
同期ネタに弱い私だけど、今回は特別思い出深い期だから。
寂しさと辛さが一気に押し寄せてきた。

また、観に来よう。
ラヴィック先生を、ゆら姉さんを、私が愛した71期を。


とりあえず次観に来た時は、「カエサルはえらい」「ブルータスはえらい」「愛してる」と何度言ってるか数えてみます。
posted by seto at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。