2006年05月15日

すますて

先日宝塚ファンの間で話題になった「スマステ」。
実は1回目を見てたので、2回目も見てみました。

ゲストは真矢サン。
真矢サンの宝塚時代の話と言えば、異端児か劣等生の話だろうと予想。
すると香取くんに「異端児だったんですか?」と聞かれてた。
おっ、今回は異端児バナシか!と思ってたら、
「ワタシ、革命児だったんですよ」と。
おおっと、革命話ですか。
M2レボリューション話ですか(何)
ミキさんは相変わらずのミキさんでした。
大好きだった竜馬、アレックスが映って嬉しかったな。

見てて思い出したけど、私が宝塚で最初にファンになったの、ミキさんだったんだよな(母の証言による)
この人はホンマ、かっこよかった。
上手いわけじゃない。むしろ逆だった。
だけどあの人はスターだった。
独自の美学に魅せられ、惹きつけられ。
あのキメポーズの格好良さは、ホンマ絶品だった。
これからもあなたは、私にとって永遠のアイドルなんだろうな。
・・・なーんて、真矢ファンだったガキんちょの自分をふと思い出した。
すると、湖月サンも真矢サンに憧れてたんだとさ。
どんなモノマネしてたのか気になるぞ、ワタル君。

そして宝塚の歴史を語る時に欠かせない、大震災のこと。
私も当時の自分を思い出してしまったわ。
祖父母の様子を見に宝塚へ行った日のこと。
電車の窓から見える家の屋根のほとんどが真っ青(ビニールシート)だったことや、
花の道にヒビが入ってて、ガタガタになっていたこと。
そして地震に気付かず、ずっと眠り続けていた自分のことを(・・・)
ま、震源地じゃなかったからそんなに揺れなかったらしいけど。
震度5〜6くらいだったのかな・・・気付けよ自分。

んで復興を目指す中、「星組のお稽古が開始されました」と紹介されて映像が流れた。
「国境の稽古場でも映るのかな〜」っと少し楽しみにしてたんだけど。
そこに映った稽古場には、汐美さんがいた。
・・・出てたっけ?
いや出てない出てない。組が違う。
なんか違いすぎて笑えた。

とりあえず一番笑ったのは、
初日あけてすぐなのに、暁のローマが「高い評価を得ている」と紹介されてたことかな。
その情報源って、どこやねん。
posted by seto at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17868209

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。