2006年05月23日

天使の微笑み

今でも忘れられない。
お披露目公演を見た時のこと。
どうなるのか、期待と不安で胸がいっぱいで。
歌うごとに、言葉を発する毎に、ドキドキハラハラして。
ショーで群集になると埋もれて行方不明になって、その姿を必死に探したり。
あの可愛い可愛いコムちゃんが、トップになって大丈夫なのかと。

しかしいつしか、変わってしまうもので。
いつものようにドキドキしながら舞台を観てると、いつしかドキドキは消えていた。
そこにいたのは“可愛い可愛いコムちゃん”ではなく、
“トップスター・朝海ひかる”だったのだ。
舞台の真ん中に立ち、舞台を背負い、光り輝くトップスターがいた。
私は朝海さんの舞台を見てるのが好きだった。
すくすく成長していく朝海サンを見てるのが楽しくて。
次はどうなる?何が出る?それかまた滑るのか?


また一つ、時代が終わる。
心にぽっかり穴があいた、そんな感じ。
今年のイヴは寂しいイヴになりそうだ。
posted by seto at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(雑談他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18282509

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。