2006年05月30日

ホシのコドモたち〜星ヤンブラ

CSニュースを見て思い出した。
そうだそうだ、私って星のヤンブラ観てたんだった。
千秋楽の映像見るまで忘れとったわ。

あの日の席はやけに前でかつ、“ド”が付くほどのセンター席だった。
うん、近い。でも見難い。

始まってすぐ思った。
私は今、物凄い人を目の前に観てるんだ、と。
主演の柚希くん。
すごかった。
ほんと、すごかったのだ。
登場から一瞬にして、このバウホールは柚希くん色で染まった。
「ダンサー」ってこの人のためにある言葉なんだろう、とさえ思った。

私は柚希くんの主演の生舞台は今回初めてだ。
新公は映像でのみ。
・・・いつの間にこんなに大きくなってたんやろ・・・。
下級生の頃からひたすら目立ってた柚希くんだけど、
まさかこんなに大きな舞台人になってたなんて。
あの可愛い可愛い梅若が。
あの可愛い可愛いアンドレが。
信じられなくて、でも嬉しくて、なんか感動した。

1幕はお芝居。
月&花のヤンブラってまともな話じゃないって聞いてたから(ラブゲームやら武蔵やら)
星はどないなんやろ、と思ってたけど。
なんか、マトモな話だった。
ネーミングセンスは相変わらず大介君だなーって感じだが。
普通な話でした。残念。←?

2幕はショー。
ああっ!星組のショーを見てる!!
そんな気持ちにさせてくれた。
まだまだ若い子達なのに、彼女達には確実に星組の血が流れていた。
目には見えない伝統が、目に見えた気がした。
ああ、こうして若い世代に受け継がれていってるんだな。
そう思うとなんか泣けた。
自分では特別どこかの組ファンでは無いと思うんだけど、やっぱり星組は思い入れが強すぎたみたいやな・・・。

客席いじりのクラブレオンでは、
「素敵なネックレスだ。今夜金の鎖になって、一晩中あなたを締め付けたい」
みたいなこと言ってた。
おおおおいおい、そんなこと言ってええんか!?


途中、ボツボツと見たことある衣装だな〜なんて思ってたけど。
最後の衣装は・・・。
一瞬で何の作品の衣装か分かった。
あれは思い入れが強すぎて。
沢山の思い出が詰まってて。
しかもそれを雪組じゃなくて星組で着るなんて。
ごめん、無理。
まだ過去を拭い切れない自分がいることが、なんだか情けなかった。

なんか暗くなったな。
舞台自体はとっても楽しかったです。
小さい星たちはみんな、とってもキラキラしてました。
あまり知らなかった下級生君も学習できたし、良かった良かった。
これからもを頑張れよ、twinkle star達。
posted by seto at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18628739

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。