2006年09月13日

巡り会える日を信じて〜貴城さんコンサート

貴城さんコンサート、本日2公演観てきました。
明日も2公演観てきます。

…あれ?
去年の今頃も、梅田へ誰かさんのコンサートに通ってたよね。
しかも今年と一緒で、大阪公演全部に。
ははは…気にするな気にするな。

1部は貴城サンが演じたかった役をやるらしい。

最初はツタンカーメン。
…ま、観る前から嫌な予感はしてたんだ。
エジプトが舞台でしょ?まぁ、予想は出来たんだ。

最初の貴城サンは金ピカのファラオの衣装。
これ、黄金のファラオの最初の衣装だよね?あれ、違う?
後で写真か何か見て調べてみよう。

そして次に登場したとき、嫌な予感は的中した。
貴城さんが着ていた衣装、それは

……セティの衣装だった……。

セティとは、さっきも書いたけど「黄金のファラオ」での稔サンの役。
そのセティが最後に着てる、赤色の微妙でかつ無駄にインパクトのある戦闘服。
頭に付けてる装飾品まで一緒。
全く同じ衣装を貴城サンが着てました。
ま、太ももは余りまくりでしたが。

出てきた瞬間、凍りつきましたよ…。
一瞬にして稔サンの思い出が駆け巡って。
いや、「黄金のファラオ」の衣装が来ると予想はしてましたけども…。
本当に着られたら結構焦りましたわ。
でも即位してすぐに殺されるのはお願いヤメテ…

お次はラファエロ。
えー貴城ファンの皆様、コレはきましたよ。
貴城サンの得意分野です。ロン毛な美形で攻め男な役です。
この場面の為に通える気がします。
むしろこの場面しか(略)

明智さんは和服ではなく洋服。
スクリーンにささら〜の映像が流れた時は少し笑った。
衣装は洋服だけど、喋り方とか歌い方はさすが貴城サン、和物でかつ明智さんでした。

オスカーワイルド。
一瞬カールハインツに見えた。
えーっと…こーいう場面はどんなコメントをすればいいのやら…。

チェ・ゲバラ。
迷彩服に赤い帽子。戦場場面など有。
ごめんだけど、ゲバラさんって私知らない…。

最後は無理矢理ハッピーエンド。

とまぁなんというか、うーん…。
一応サヨナライベント(?)の一つだから、期待しすぎてたのかもしれない。
個人的に「Across」がツボすぎたから余計にそう感じちゃうのかも。
話は中途半端だし、淡々としすぎてなんだかなーと。
いや、伝えたいことは分かるんだけど。
とりあえず、貴城サンのコスプレショーを見てると思えば結構楽しめます。

幕間、演出家って誰?と思って調べてみた。ああ、なるほどね…。

2部はコンサート。
客席降りもあるので盛り上がってました。
まぁ2部の感想はまた今度。

そうそう、夜の部の舞台装置、ヒドすぎ。
1幕は後ろのカーテンがスクリーンになってたんですが、
ちゃんと閉まらなくて、映し出された映像が真っ二つに割れてました。
2幕ではメンバー紹介の映像が全く映らなかったし。
ここ映像、すっげーいいのにーーー。
下級生一人一人ちゃんとピン画像だし、貴城サンがオモシロ可愛く映ってたので。
映ってなくて、生徒さんたちもビックリしてた。
明日はちゃんとお願いしますよー。

最後の貴城サンのご挨拶。
昼は「楽しかったですか〜?」とか聞いてた…かな。
で、「夢を持って下さい」みたいなこと言ってた…かな。
(いや1列目だったから記憶が全部吹っ飛んでしまいまして)
夜は「愛してます!」と言い、「もう一度聞きたいですか?みんな愛してるぜ〜!」と言って投げキッスしてた。

さてと…。
明日2公演も楽しんできます。
posted by seto at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。