2005年03月20日

涙、笑、悲、苦〜月エリザ前楽・彩輝直さよならショー〜

ムラに到着したのは午前の部の1幕が終わりそうな時間。
立ち見が残ってるみたいだったけど、2幕だけで2500円もなんだかなぁと思いやめる。
海外向けの宝塚ガイドみたいなの見てたら、海外ミュージカルの写真がいくつか載ってた。
丸顔バトラーが載ってて「ああこれ見たいなぁ」と思い、アンで星風共のルサンクを購入。

午前の部が終わりそうなので、ダメ元でサバキ待ちをしてみる。
どうしても彩輝サンのさよならショーが見たかったから。
しかし全然チケットは無かった。
無かったのだけど、なぜか手に入った。
ひっそりこっそりとお声をかけて頂いたのだ。
しかも1階だ。A席だ。定価だ。奇跡だ。
さばいて下さった方に何度も何度もお礼をした。
本当に本当にありがとうございます。

で、公演。
なんか始まって早々既に泣きそうな私。
これが本当に最後の見納めだと思っていたので。

で、恒例のお見合い場面。
帰ってきたパパ。
「あっちの方にな〜、(舞台袖を指さす)、
 こんな角の鹿がいたんだぞ〜!(指を立て頭に持っていき角のポーズをして)」
「え〜なんで連れてってくれなかったのさ〜(ぶーたれた顔」
オレンジ転がし。
ギリギリ取れた!でもやっぱりこけた!
大好きなシーンもこれで見納めか。

本日のルッキー。
おっと!綺麗なねーちゃんがいるぜぇ!
 写真撮らせて貰いますね♪
 こうやって嘘をつくのもあと1回か〜せいせいするぜ!
 はい、鳩が出ますよ♪


夜のボートで涙。あの独特な舞台の雰囲気、大好きだった。
昇天。またしても涙。もう見れないのか…ああ行かないで…
フィナーレ。
…やばかった。
非常にやばかった。
娘役軍団を引き連れて歌い踊る場面。
何でか分からないけど、涙が止まらなかった。
その後の男役の群舞も。
デュエットダンスも。
歌姫のエトワールも。
大きな羽を背負って降りてくるパレードも。
涙が止まらなかった。

そして「彩輝直さよならショー」
…の前に、夏河組長のお話。
バレンタインの日、組子みんなから組子の愛称を書いたワインを40本、
彩輝サンにプレゼントの計画を立ててたそうで。
もしかしてサエちゃんにバレてるかな?と思ったけど、鈍感で全く気付いてなかったそうで。
貰った時に、彩輝サンの目からはダイヤモンドがこぼれ落ち。
しかしその時は開演前。そう、トートメイク。
まつげは半分取れ、メイクも崩れ。涙をなんとかして止めなきゃいけない。
そこで彩輝サンは綿棒を目尻&目頭にさし、合計4本を目にさしたそうだ。
ゆらサンは「皆さんも彩輝直の涙の止め方、試してみて下さい!でも、人目にはふれずにね♪」とのこと。
番狂わせはトート閣下だったそうで。

もう一つ。
運動会の日、彩輝サンはバスの中で「絶対優勝する!」と言ったらしい。
何でか聞いたら彩輝サンは「今日、勝負パンツ履いてきたから!」とのこと。
…勝負パンツ。
トップスターの勝負パンツ。
しかもらしい。
ゆらサンは見せて貰ったらしい。
「みなさんも何かの勝負の時は赤で」だそうだ。
二つとも笑える話なんだけど、なんでか知らんが涙止まらんかった。

さよならショー。
上手からせり上がり。
ブロンドの髪をなびかせ登場したのは、オスカル@愛の巡礼。
…トートメイクでした。とても恐怖です。
しかし爪はトートの時とは違い、ノーマルになってた。い・いつの間に。

そしたら巨大スクリーン登場。
宙ベルの彩輝オスカルが映し出される。
「アンドレ、アンドレ!」
と呼ぶオスカルの元に登場したアンドレ。
…彩輝サンだった。
彩輝オスカルと彩輝アンドレの夢の共演。
これは受け狙いなのか真面目なのか…
明らかにあの後姿は水サンだろう、とか。
明らかにあのアゴは水サンだろう、とか。
客席中大爆笑。私も笑わせて頂きました。
おかげで涙は乾きました。

爆笑映像が終了し、本物のアンドレ登場@白ばらの人。
トートメイクのアンドレはやっぱり、とても恐怖でした。

後ろからせり上がってきた美々サン@青きドナウの岸辺に。
ここでまた涙出てきた。上手すぎるんですよホント…
そして初風サン登場@愛あればこそ。美々サンとデュエット。
歌手同士の「愛あればこそ」って最高ですね。聞き応えばっちし。

お次は座って登場彩輝サン@ガルーダダンス@ジャワの踊り子。
大空サン&北翔サンを両サイドに。面白い。

そして星組3番手時代の歌。
紫城サン@桃の花@我が愛は山の彼方に。
その後彩輝サンも出てきて、「チュルクの恋」のデュエット。
私はただ、彩輝サンver.のチャムガが見れて嬉しくて嬉しくて仕方がなかった。
衣装がきんきらきんでチャムガっぽく無かったけど。

その後、「夕映えの飛鳥」を歌い、タカラヅカ絢爛の世界へ。
月船サン@エレグアはやっぱり可愛い。
そして「陽はまた昇る」
瀬奈サン登場です。モチロン男役。でもほっぺたはピンク色。
ルキーニメイクの霧矢サンが絢爛の世界にピッタリだった。

そして大階段には一人、瀬奈じゅん氏。黒燕尾服姿で立っていた。
長い髪を頑張ってリーゼントにした姿はどこか、マヤミキ氏を思い出す。
「月の光 絢爛」のスローver.を歌い下りてきた。
そして大階段には真っ白の衣装の彩輝サンが。
二人は手を伸ばし見つめ合い、微笑み合い。
その後ラストナンバー。曲はちょっと分からないのだけど。
「さよならは言わない あなたを愛しているから」そんな歌詞が印象的だった。
月組生、専科さんに見守られ、歌う彩輝さん。
きれいだったなぁ…

そこで幕。
気付けば目が充血していて焦った。アハハ。


しかし次の日、もう一度見ることが出来るなんて誰が予想したか…。
このことはまた後で。
posted by seto at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2512677

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。