2005年03月21日

さよならは言わない〜月組千秋楽パレード〜

出のパレード。
それなりに見やすい場所を確保し、仲間達と合流して出てくるのを待つ。

今日はカメラ小僧だ。
ちゃんと撮るぞ!と意気込む。

美々さんが出てきた。
ああ、どうして辞めてしまわれるのだろうか。
彼女こそ歌姫と呼ぶに相応しい人なのに。
今まで素敵な歌声を有り難う。

そしてしばらく経って、彩輝さんが出てきた。
「私達の愛は永遠でーす!」とファンクラブさんが叫ぶ。
その後、彩輝さんは取材陣の相手をしていた。
それでもファンは諦めない。
「さえちゃん!さえちゃん!さえちゃーん!」
すると振り向いた。
…綺麗だった。
本当に綺麗だった。
ナンバープレート1のオープンカーに乗り、前を通る。
カメラを構えて準備をした。
するとこちらの方を向いた。
思わずカメラをおろしてしまった。
…綺麗だった。
綺麗な彩輝さんをファインダー越しではなく、この目で見たかった。
それぐらいに綺麗すぎたのだ。
そして綺麗な彩輝サンは、可愛い笑顔で手を振り去っていった。
去っていく彩輝さんを見ながらふと思い出した言葉。
「さよならは言わない、あなたを愛しているから」
さよならショーでの最後の歌の歌詞だ。
東京でも頑張れ、頑張れ!可愛いさえちゃん。


その後、初風サンが出てきた。
ものすごい笑顔で、ものすごい勢いで手を振り去っていった。
あなたのフランツは理想の結婚相手でしたよ、と呟いてしまった。

次は瀬奈サン。
長い髪をなびかせながら、車に乗り去っていった。
シシィ。可愛くて凛々しくて大好きでした。

瀬奈サンを見送った後に帰りました。
トップさんが辞めるたびに思うんだけど、終わったなぁーといった感じがした。

結局出の写真は全然撮れなかった。
撮れたのは真っ白な胡蝶蘭と、彩輝サンの横顔だけ。
…ま、いっか。


前楽、楽の入り、楽、楽の出。
チケット無しで行ったのに両日ともに観てしまい、さよならのフルコースを堪能してしまった。
こんなのおそらく、最初で最後。
お疲れ様でした、ファンの皆様。そして私も。


※投稿日は楽の日付にしときました。
posted by seto at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2561359

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。