2006年11月27日

ココロの軌跡〜メモランダム1幕

たましいのきせき。
と思ってたら、魂と書いて「こころ」と読むらしい。
へ・へぇ…

植田先生演出家50周年記念「夢のメモランダム」。
どんな内容になるか恐る恐る見に行ったんですが。
…めちゃめちゃ面白かった!!
久々に満足する舞台を見たぞー。

とりあえず1幕感想。


1部。
幕開き、松本先生の祝舞。
相変わらず年齢不詳でお美しい。
お歌は雪組に組替えほやほやの白羽さん。相変わらずカワエエ。

そして後ろの幕が開く。
大階段には3つの袴姿のシルエット。
そう、それは勿論トップさん3人です。
センターには安蘭さん。

…きた。
めちゃめちゃきた。
涙、ぼろぼろに溢れ出そうになった。
ああ…
めっちゃ嬉しい。
めっちゃ幸せ。

歌うは「夜明けの序曲」
作品はアレだったけど、歌はホンマええ曲で大好きだったなぁ。

そのまま生徒さん全員登場して大合唱。
この時も安蘭さんはセンターで、生徒皆を率いて歌。
ほんまにトップさんになったんだねぇ…。

面白かった所。
瀬奈「植田先生の最新作『パリの空よりも高く』、皆様のお越しを心よりお待ちいたしております(御辞儀)」
安蘭「月組さんの宣伝が終わったところで、進行を進めて参りたいと思います。(会場笑)」
やっぱり安蘭さん好きやー。

その後は銀橋渡り。トップさん3人は銀橋で止まって歌っていらっしゃいました。

ってかね。
瀬奈さんの袴姿がめちゃめちゃオトコマエだったーー!!
渋くて身体はがっちりしてて、凄い似合ってたのさ。
あとの二人が華奢だから、余計にたくましく見えてね。
もーーーー猛烈にお父さんしたいっす(褒め言葉です、念のため)


その後は進行役・初風さま登場。
バックには植田作品のポスターがいくつか。
ビックサイズは初代ベルばら&風共(麻実さんバトラーの)。
近年の作品だと天国と地獄、虹ナタ、国境、皇帝、花は花なり、ザッツレビュー、春麗、花供養などなど。
そして最新作のパリ空のも貼ってありました。


植田先生最初の作品「舞い込んだ神様」の再現。
太郎冠者@轟さん、花子@白羽さん、貧乏神@未沙さん。
これがなかなか面白くてね。
途中で大量の貧乏神が登場して、よく顔を見てみると2番手以下のスターさん達でびっくり。
んでも霧矢さんは美人だった。
それに比べ涼さんの顔はめちゃめちゃ怖かった。


最後は舞三代。
植田先生ファミリーの舞。
メガネかけてない植田先生が何だか物珍しく感じた。
両サイドでトップ娘役さん達がソロで歌い継ぎ。
そう、その中にはもちろん遠野さんも。
ああ…トップさんなんだね。
これまた涙溢れそうになりました。
嬉しいよー。めちゃめちゃ嬉しいよーー。


…予想以上に長くなったので2幕は後日。
2幕もめっちゃ楽しかった。
OGさんも素敵でしたーーっ。
posted by seto at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28420493

この記事へのトラックバック

魂と書いてココロと読む
Excerpt: 昨日の植爺祭、なんか楽しかったみたいだなぁ。 「♪夜明けの序曲」は名曲だよね。うん。 ヅカブロガーの皆さまも駆けつけていらしたようで。 私がお邪魔しているところでは… ◇ええやんええやん、たからづかの..
Weblog: ナナメにヅカ眺め
Tracked: 2006-11-29 16:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。