2007年01月09日

君なしの人生は耐えられない〜エリザ来日記念コンサ2幕

いかん、風邪をひきかけてる。
週末には第二次東京遠征が控えてるのに。
ううう、大丈夫なのか自分…。

というわけで、既に忘れかけの4日のエリザコン2幕。
いま書いておかないと一生書けない気が。

幕間時間。
休憩する時間なのに、ろくに休憩できずに終了。
心臓が痛かった…。

指揮はリーヴァイさん直々に。
これだけでも見に来た甲斐がありますなぁ。
オケも上手くてさ〜。いやー、凄いね。
比べる次元が違うんだけど、普段宝塚のオケで慣れてる私にとって感動の嵐でした。
トークの時も思いましたが、リーヴァイさんはユニークな方ですなぁ。
キッチュを客席へ煽ってたのが楽しかったー。

コンサートの曲順はストーリーの順番通り。
トークの時はルカスさんが格好良いなぁと思ってたけど、
歌い始めたらトート役のマテさんが凄い格好良い!(あ、ルカスさんも勿論素敵でした)
迫力が凄くてね。最後のダンスとかもーーー惚れ惚れ。
この人のトート、見てみたいなぁ。

そしてシシィのマヤさん、凄い。
なんていうかもー感動。言葉に表せねぇよ。
ああ、ウィーン公演観たくなってきた…。

「闇が広がる」のデュエット、最後の方を少し日本語歌詞で歌ってくれるというサービスがあって楽しかった。

そして何より、ラストの昇天場面が凄く好き!
今度の梅芸での公演も、ラストはこのヴァージョンなのかな?
こっちの方がしっくり来るし、すっげー感動した。
ああ、この場面を見に公演観たくなってきた…。


以下、稔さんの感想。

あくまでヅカファンでかつノルファンの感想です。
トンデモなことが書いてあっても、そこんとこよろしゅうに。


「鏡の間」の場面で、今までのウィーンキャストさんとは違うシルエットが。
ああああわわわわわわわーーー
出てきちゃったーーーーーー!?

衣装着替えてて、シルバーっぽい色?の上着(色が難しくて表せない・・・)
スパンか何かがついてて、照明に反射してキラキラしてました。
パンツ&ブーツはトークコーナーと一緒だったかな。
とまぁ言うまでもなく、プリンススタイルなわけです。
素顔でこんな格好が似合うなんて…さすがNORUさんだなぁ…。

マイクを口元に持って来た。手に汗握る瞬間。
日本語で♪君の〜手紙〜♪と歌い始めます。

表情がさ、あの時と一緒。
去年のガラコンのフランツの時と。
ああーーーーーー・・・・
また陛下にお会い出来るなんて思わなかったから、嬉しくて。
なんか舞い上がってしまってあんま記憶が無い。
んでもちょっと、歌い方がちょっと違った…かな。力んでたような気が。
初日だから緊張してたのかね?ああ、やっぱり他の日も見たかったなぁ。
うん、でも頑張ってた。シシィへの想いは痛いほど感じた。(甘くてすんません)

そうそう、ここは宝塚版と違って最後に三重奏(シシィ・トート・フランツ)が入ります。
なんか慣れないので不思議な感じ。
稔ボイス炸裂でちょっと笑った(ごめんなさい、一応ファンです)


続いて登場するのは終盤の「夜のボート」
こちらも最初は日本語の歌詞で。
じっとシシィを見ながら歌いかける。
そうそう、この完璧すぎる横顔。
顔は丸くてもアゴのラインはいつだってシャープで美しゅう。
ああ、やっぱええ横顔やなぁ…と見惚れてたら。

・・・ああああ。
コンサートだから登場するか分かんなかったんだけど、やっぱりきた。

稔フランツの“手”。
私はこの手が大好きで。
この場面以外でも陛下は手で感情を表してるんだけど。
夜のボートでの手は、ほんま絶品。
シシィを求める“手”
手だけでこんだけ泣かせられたの、あなただけだ。
今回の来日コンでもその“手”が健在だったのが、めちゃめちゃ嬉しかった。

あの時見えたもの。
去年のガラコンの時に見えた、普段は目にすることができないもの。
舞台に立ち会った瞬間しか見れず、感じれないもの。
それがまた、この目で見ることができた。
この肌で感じることができた。
二度と巡り会えないと思ってたこの瞬間に、また立ち会えた。
顔は素顔だし衣装も着てないのにね。
ドイツ語で何言ってるか分かんないのにね。

ははっ、悔しいねぇ…ほんと。
なーんでこんなに好きなんでしょうね。
陛下がシシィを想うように、私自身も陛下を想ぉちょるようですよ。

号泣…はしなかったけど、静かに泣いた。
感動の涙か、喜びの涙か、別れの涙かは分からない。
でも、来てよかったよ。ほんとに。
あなたの演じるフランツ・ヨーゼフに会えて、よかった。


はい、では激痛のまま消えます。
posted by seto at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(雑談他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。