2007年05月04日

ぼくの全て、溶かされた〜雪エリザ初日

エリザ初日、モチロン見てきましたよ。
シシィに見入って魅入って。
ルキーニに心底惚れて。
やっぱりフランツさん素敵すぎて好きすぎて、惚れ直しまくった。てゆーか歌上手すぎやろ。

まぁ、この人達についてはそのうち別枠で語ろうかと思います。

今日はやっぱりこの人。



いくら何度も主演してる人でも、大劇場の主演は別物だ。
だから開演前はドキドキして、緊張して。
なんかよく分からん気持ちになって。
大丈夫かな、大丈夫かな。
水さん、大丈夫かな。

・・・うん。
大丈夫だった。
緊張してたと思うけど、堂々としてて。
私なんぞが心配する必要無かったみたい。
立派な立派なトップさん。

歌は普通に聴けたよ。上手くなったよホント。
あの制作発表が嘘のようです。
そしてやっぱり、ビジュアル最強だよなぁ。
ねっとりくねっと攻めまくって、ニヤっとして。
銀橋に倒れてる時は思わず「どどどうした足つった?」と驚いたけど、どうやら演出らしい。


ショーのありえんぐらいカッコエエ水さんを見ながら、ふと思い出した。
私が初めて水さんを見た時。
その頃はまだ月組だったっけ。
ああ、この人は将来トップになるんだろうなって。
何でか分かんないけど、そう思ったことを今でも覚えてる。
当時は水さんのことなんてほとんど知らなかったのにねぇ。
その後は色んな組を渡り歩いてどうなるかと思ったけど。
こうしてトップとして舞台に立ってることが、とても嬉しかった。
おっきなおっきな羽を背負って、大階段最後におりてきて。
舞台の真ん中に立って。
顔はちょっと怖いトートメイクのままだけど。
にこっと笑ってる水さんを見てたら、なんだかこっちまで笑顔になった。
おめでとう。
本当に、おめでとう。

挨拶は水さんらしさが出てて。
あー、やっぱり好きなんだろうな。
こーゆう温かいとこが。
まじめーなとこが。
うん、好きなんだ。

今日ぐらいは、素直になろうかな。
いつもひねくれ者の天の邪鬼だったから。

水さん、ほんまかっこよかった。
かっこよくてかっこよくてかっこよすぎて。
きれいであやしくてうつくしくて。
カマしちゃったところもかわいくって。
そしてやっぱり、笑った顔は本当に可愛くって。
あなたになら黄泉の世界に連れて行かれていいかもって思った。

ごめん、ちょっと正直になりすぎた。


水さん。
トップお披露目、本当に本当におめでとうございます。
posted by seto at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40802524

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。