2007年08月12日

夢と現実と思い出と〜DANCIN' CRAZY

もしかしたら私は、夢を見てるんじゃないか?
…いや、夢じゃない。
確かにそこにいる。
舞台で息をし、踊っている。

こんなやりとりが心の中で続いた。
現実なんだよね、これ。
現実だけど夢。夢の現実。
『DANCIN' CRAZY』

最初で最後、1回きりの観劇だったので、全神経集中させて観た。
だから見終わった後はぐったり。
舞台観ててこんなに疲れたの久々かも。

プログラムも何も無いので、記憶だけが頼り。
覚えてる所というか、印象的だった所。
いやプログラム買おうと思ったけど値段が値段なので(私の大劇観劇1回分と同じ値段だったーよ…)


幕が開いた瞬間、震えた。
舞台に次々と登場してくる。
憧れの大浦さんが。
懐かしのスター達が。
そして、大好きなあの人が。


あの人が出てきた。
聞き慣れた歌声、見慣れた笑顔。
あの時より髪が伸びて。
そしてあの時よりちょっぴり、ほっそりしてるように見えた。
同じ空間にあの人がいる。
またこうして、あの人にお会いできて。
あの人の舞台をこの肌で感じることができて。
……ああ。
開始5〜10分ぐらいだったかしら。
目から涙がこぼれてしまいました。我ながら早いな。
綺麗で、可愛くて、相変わらず格好良くて。
ああ。
好きだなって。
やっぱり大好きなんだなって。
身に染みて感じた瞬間でした。


ダンスリサイタル的なものは、本当に悩む。
オペラを使うか使わないか。
踊ってる時の表情を見るか。
全身使って踊るその姿を見るか。
私は目が悪いから、メガネかけてもぼんやりしちゃって。
どうする?
どうする?

悩みながら始まった朝海さんと風花さんのデュエット。
最初、ちょっとオペラで見てたんだけど。
気付けばオペラを下ろしてた。
…見えたんだ。
オペラが無くても、二人の表情が。
そしてこの二人のダンスは、身体の隅から隅までを見なければいけないって思った。
美。ほんとうに美しい。

次の場面は湖月さんと星奈さん。
ああもう私、今まで生きてきてよかったって思った。
マジでそう思えた瞬間。
湖月さん、髪型とか服装がちょっとファーディナンドっぽくて。かっこよかったぁ。

紫吹さん。
ほんっっっとにかっこえええええ。
相変わらず魅せ方が上手い。ほんとにすごい。
オナゴ達をはべらす姿がこんなに似合う女優さんがいてええんでしょうか。
っと思ってたら、小悪魔・朝海さん登場。
朝海さんに小悪魔をやらせたら最強。

憧れの大浦さん。
生で拝見するのは初めて。
私はこの目で神を見た…、そんな気持ちにさせられた。
こういう時に自分の語弊の無さに泣けてくるけど。
本当に、ほんとうに、すごかったんだ。

風花さん、退団後初めて見るかも。
もうね、相変わらずオットコマエ!!
踊ると美しく、挨拶ではオトコマエ。ああ惚れる。

星奈さん、我が永遠のトップ娘役さん。
可愛くて、綺麗で、セクシーで、上品で。
ああもうゆりちゃん、やっぱ大好きやわ…。

バンド紹介する時の朝海さんが。が。が。が。
どこぞのアイドルやねん!!!ってぐらいに恐ろしく可愛かった。
ご本人の心中が気になる所ですが、素直に可愛いって思いました。ぜひとも家に飾っておきたい。


宝塚メドレー。やっぱりここが大きな見所だったかと思います。
紫吹さんはジャズマニア。
うわああああ懐かしい!!!
めちゃめちゃかっこええ。
女優さんになっても、タイほどいて胸元ぐわっ!を変わらずにやってくれたのが嬉しい。
すごいなあ。さすがシブジュン、これぞシブジュンだぁ。

風花さんはボレルー(かな?自信無い)。
やっぱこの場面凄いな。
そしてやっぱこの人凄いな。
やっぱり惚れるわ、かざっぱなちゃん。

朝海さんはレコラ。
レコラで一番好きだった場面、記憶のコラージュでした。
セットの木馬登場で誰かが「ペガサス!?」なんて言ってたのが聞こえて、ちょっと涙出そうになりました(色んな意味で)
やっぱり、ね。
小悪魔やアイドルの朝海さんも可愛くって好きだけど。
やっぱり、男役でのダンスが一番ええわ。
相変わらず線は細いけど、朝海さんのダンスにはおっきなものがあって。
また朝海さんのダンスが観れて良かった。

星奈さん。
星ファンとしては、ゆりちゃんどの場面やるんだろってずっと考えてて。
きっとトップ時代の作品だろうな〜とは思ってたんだけど。
音楽流れた瞬間、号泣。涙でお顔が見えません状態。
そう。懐かしきグレート・センチュリーの一場面。
音楽流れた瞬間に何の作品のどの場面か分かった自分は、まだまだファンなんだなって思ったり。
もう、ね。何でか分からんけど涙溢れて。
ゆりちゃんは変わらずゆりちゃんで。
ああもう大好き。

そしてあの人の場面。
ふっと水色のブーツに照明が当たる。
……!!!!
隣の湖月ファンの人がひゃ!!と悲鳴を上げた。
私は逆で、はっ!!と息をのんだ。
レイクが。
れいくが。
レイクが!!!
楽しそうに踊る湖月さん。
ニコニコ笑顔で踊る湖月さん。
私はこの表情が大好きで。
あのひとが変わらずあのひとのままだったことが、嬉しくて嬉しくて。
しあわせ。だいすき。

大浦さんのジェラシー。
相手は大浦さんに憧れてた朝海さん。
思わず背筋を伸ばしてしまった。
張りつめた空気の中、舞台上の二人が踊る。
なんつーかその…鳥肌たちましたわ。

ああもうだめ。なかなかまとまらない上に長文すぎてあかんわ。
最後は燕尾の群舞で終わり。
なんで下着透けてたのかが果てしなく謎ですが。
群舞の中心で踊る大浦さんを観れて、本当に幸せでした。

カーテンコールは元トップメンが一人一人下級生順に挨拶。
幕が閉まるとき、湖月さんが可愛く投げキッス連発しててめちゃめちゃ可愛かった〜〜〜。


夢。
夢が現実になり、思い出になる。
この場に立ち会えた幸せを、喜びを、一生忘れないよ。
また素敵な思い出が一つ増えました。
大切に大切にしていこう。
posted by seto at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51195102

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。