2005年07月20日

みんなハッピー〜月組Ernest in Love〜

やっっっと見てきました。
月組「Ernest in Love」

大劇場で二階か立見が指定席な私。
では、梅芸では?モチロン三階席。

開演前、1階席から拍手喝采。
誰か見に来てるようだ。
しかし私は三階席。
誰が誰だか分からないのだ。
「どなたが来られてますか?」
「水さんと舞風さんは分かるのですが、他はよく見えないですー」
そうか。今日は水曜日。大劇場は休演日なのだ。
しかし3階席からでは、アゴは判別できなかった。残念。

で、舞台は。
幕開き、生オケ。
やっぱ生オケがいい。
舞台装置を上手く使ってた。
鳥かごに入ってたオケさん達が面白かった。

そしてこの公演は、新トップのお披露目公演だ。
瀬奈サン。
可愛くて、お茶目だった。
彩乃サン。
格好良くて、強かった。
…逆?
いや、あってる。
瀬奈サンはむちゃくちゃ可愛くて、彩乃さんはむちゃくちゃ強かった。
とてもいいカップルだった。

霧矢サンはずっと何か食べてた。
きゅうりサンド、パン?のようなやつ。
しかし食べながらでも上手い歌声を聴かせてくれた。
さすがきりやん。
コメディは君のものだ。

城咲サン。
とっても可愛いお嬢様。
設定は十代らしい。…十代?いや十分十代に見えましたさ。
そしてやっぱり、強かった…。

彩乃サンと城咲サンがタッグを組むと、誰にも勝てない。
強すぎ。濃すぎ。
男役二人を食ってた。
主役は君たちだ、かなみん&あいあい。
これからの月組が楽しみだ。

他のキャストの方々も、いい味出してた。
越乃サンはやっぱりいい味出してたし、出雲さんは本領発揮。
光樹サンは可愛らしかったし、末子さんは果てしなく末子はんだった。

あの瀬奈くんがトップに。
あの可愛いあさこちゃんが。
お芝居の時は特に感じなかったのだが、フィナーレになって実感した。
瀬奈サンと彩乃サンのデュエットダンスの時に。
とても綺麗だった。
思わず、涙ほろり。

温かくて、ハッピーで。
楽しくて、面白くて。
良い舞台だった。
posted by seto at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5236294

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。