2004年09月01日

思わぬ場で遭遇

夏休みも終わり、我が校は文化祭シーズン。
劇の練習、大道具の準備もほぼ完成に近づく中。

他のクラスが体育館で練習。
すると、何か聞いたことある歌が流れてくるじゃありませんか。

♪あぁ〜ゆ〜あ〜みゅ〜じ〜っく

ああ、あれか。オペラ座の怪人か。
そういや他のクラスするって言ってたな。
きっと四季とかで上演されてる方のやつだろうな。
過去にもそのオペラ座やってたクラスあったしな〜。

しっかし、不安定な歌声。
…まさか、宝塚?
でもこれ、花總さんじゃない。
考えてたら、次に流れたのが決定打。

♪ランランララランラララランラランラ〜

♪天使の様な〜声は〜初めて聴いた〜

…まさか。
まさか学校で、しかも大音量で樹里咲穂の声を聴くとは夢にも思ってなかったよ。
ハハハ、さすがにこの私もテンパりましたさ。
これは実況CDだろうか。
ということは、さっきの歌はベラドーヴァの歌か!
さっき不安定だなんて言ってごめんなさい。
…いやそうなんだけど。(いや好きなのよ?)

このクラスにはヅカファンがいるんだな!
学科違うし全く面識の無いクラスなので、知り合いいないけど。
うおー多分クラス全員でファントムのビデオとか見たんだろうな。
ギャハハハ、笑えるぞこれ。

脚本が気になりますな。
だってあの作品を50分以内に収めなきゃならんのですよ。
カットの嵐でしょう。どの場面がカットかも気になる所。

さぁて、楽しみになってきました文化祭。
果たして、
ファントムは電柱から出てくるのか。
キャリエールは「なんてことだ!」を何回言うのか。
クリスティーヌのマツゲはあるのか。
カットの嵐の中、フィリップは登場するのか!?
ラストは一人で昇天か、タカハナ恒例行事か。

本番は笑わないように見なきゃ。
posted by seto at 00:00| 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。