2005年07月29日

コクリコで虞美人草なポピー〜霧のミラノ〜

やっとこさ見てきました、「霧のミラノ」。
今日は彩輝友の会(何)の誠さんとamiさんと一緒。
まぁこの会談はまた後で。

◇アマポーラのミラノ
我が尊敬する柴田先生の作品だが…ううむ。
ってか、霧って出てきたっけ。
主役なのに影が薄い朝海サン。
好きだー!なんて叫んじゃう可愛い主人公。
少女漫画の可愛さの舞風さん。
泣き崩れる格好が時代錯誤。
遊んでばかりの水サン。キミは何がしたいねん。
酔っぱらいヒーロー未来サン。気付けばアイヨーコとセット売り。

何かあると歌うのがこの歌。
♪フランス語でコクリコ
♪英語ではポピー
♪中国語では虞美人草
…しつこいから。わかったから。
勉強になったけどね。

以下、見た人だけ読んでね。


最後、貴城サンが「私が責任取らねばならない」と言ってた。
そこで観客みんなピーンと来た。
朝海サンは殺される。
いつだ、いつ撃たれる。
ドキドキ。どきどき。
そんなドキドキ言ってる間に「好きだー!!」とか言ってる。
…はよ撃て!(最低)
とか思ってたら、やっと撃たれた。
…が。
待ち伏せして背中から打ってやんの。
責任取らねばならんとかカッコイイこと言っときながら。
…ヒドイ男。
オトコは顔だけで決めちゃだめだね。

結局、どの役も深く描かれてなかったせいか。
不完全燃焼のまま終わった気がした。
結局しつこいぐらいに描かれていたのは、「ひなげし」だった気がする。
でもまぁ目の保養にはなったかな。


◇ワンダー石田ランド。
鯨捕らえた後の水君が「愛燃える」だとか。
未来君だけスパンが無いとか。
あいよーこはアイドルだとか。
結局私はターバンフェチだとか。
舞風サンの衣装に描いてあるクイーンの顔が怖いとか。
色々あって面白かった。
でも。
なんで石田ショーの衣装はこんなにダサいの。
なんで石田ショーは見ててこんなに疲れるの。
ま、嫌いじゃないけどね…。

そういえば、フィナーレがポンポンじゃなかったなぁ。
posted by seto at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5465463

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。