2007年10月17日

あいらびゅー。

銀薔薇DC千秋楽、おめでとうございます。
楽は見れなかったのですが、出待ちだけ行ってきました。
私って普段そんなに言うほど出待ちってしない人なんですけど。
3回観劇したのですが、3回とも出待ちしちゃいました。
大阪は気軽に行ける場所だしね。

この舞台を観てたら、何もかも忘れることができて。
日常の嫌なこと、しんどいこと。
最近結構病んでたので、本当に特効薬で。
何もかも忘れ、夢の世界に没頭できて。
これが本来の「宝塚」の姿なんだろうなって。
そんなことをしみじみと感じた今日この頃。

彩吹さんを見てたら、本当に幸せな気持ちになれて。
ふにゃっとなった笑顔を見たら、思わず見てるコッチまで笑顔になって。
かわいくってね、きれいでね、ほんまにステキングで。
ファンの方達にとって、彩吹さんは本当に太陽なんだろうなって。
もし私が5人位いたら、きっと彩吹さんに一筋な私がいただろうなぁ…なんてことを思ったり。
私にとっても、大切な大切なお方みたいです。

銀薔薇、本当に大好きな舞台でした。
もう見れないのが本当に辛いんだけど、きっと青年館でも素敵な舞台を魅せてくれるでしょう。

銀薔薇組の皆さん、彩吹さん、幸せなひとときを本当に有り難うございました。
posted by seto at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。