2007年11月02日

野心めらめら〜星エルアルコン初日

花の道を歩いた。
中央ゲートを通った。
ハッキリと残像を思い出せる。
あの日、あの時、この場所で起きたこと。
…まだ、1週間も経ってない。
今でもまだ足の筋肉痛が、心の傷が、痛む。

世界中に広がっている空を見上げて、深呼吸をした。
今日は星組さんの初日。

というわけで初日、見てきました。
実は宙組さんの全ツも見てきたんだけど、また後ほど書く予定です。

で、エルアルコン。
わたくし、原作読んでないんだけどさ。
えっと…その……話が分かんなくて。
ほんとに分かんなくて。何がどうなってそれでどうして??みたいな。
うーん…これ、名場面集?いや原作読んでないから名場面かすら分かんないんだけど。
でも、その場面場面はとっても面白かった〜。


以下かなりネタバレのためお気を付けを。



やっぱり特筆すべきはバックのスクリーン。
どこぞの映画が始まるのかと思った。
そしてなぜかたまーに劇中でもバックにでかでかと安蘭さんやら遠野さんやら。
…何?
面白すぎてスクリーンばっかり見てしまったよ…。
2階から見たら顔の上半分が見切れたりするんでしょうかね?
いやはや、面白かった…。

それぞれのキャラもなかなか魅力的で。
安蘭さんなんて格好良すぎるのである。
女には慣れてるはずなのに、遠野さんの服脱がせるのにちょっと手間取ってた所が可愛いのである。
“女はただ抱かれていればいい”みたいな台詞には客席一同ニヤけまくり。
この台詞、ぜひとも流行らせましょうぞ。

VSモードがこれほど似合うトップコンビも珍しい。
二人ともかっこよすぎる。
二人してガチンコ勝負。
だけど、そんな二人が寄り添う姿は一層幸せそうで。
いいよねぇ、このコンビ。だいすきだ。

レッド君いいね、かっこいい!
最後はやっぱり正義が勝つってわけね。
意外と金髪が似合ってて良かったです。

そうそう、金髪と言えば。
彩海君がめちゃめちゃ美形だったのにビックリした…。
しかもせり上がり登場とか!恐ろしく美形さんでした。

で、美形さんといえば、綺華れい君である。
なんかずっとティリアンさんにくっついてて、可愛かったなあ。
おいしい役でよかったよ…。


で、ショー。
他の場面はどうあれ、あのおじいちゃんおばあちゃんで通える気がしてならないのですが。

今回のショーはほとんどタンゴなんだけど。
タンゴ・アルテミスとイントロが似てる時があって。
ちょっと…思い出しちゃってね。
うーんうーん…。
みんな、すてきでしたけどね。
特に涼さんの女役なんて、最高に好みで大好きでしたけどね。

1回じゃ全く足りないので、また見てきます。
posted by seto at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64221554

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。