2005年10月17日

プリンスNORUよ、永遠に〜稔幸20周年記念・星のアルバム

10月16日 第一ホテル東京
稔幸サン生誕20周年記念として、ランチショーが開催されました。
そう、髪を切ったのも全てはこの日の為(結婚式の為じゃないのか)。
東京はあいにくの雨。
ですが、某彩吹ファンのUさんが地下道を教えて下さったので、濡れずに到着(ありがとう!)

受付には、愛華さん・真琴さん・轟さんからお花が飾ってありました。
(画像クリックすると大きい画像が見れます。)
タモマミトド


んで会場に入り、テーブルを探す。
探す。
さが・・・
・・・・・
・・・あろうことか、最前テーブル。
ステージ、目の前。
えっと…この一段高い台ってステージよね?ここで歌うのよね?ここに稔さんが来るのよね?
・・・・・ええええええええ。ありえないありえないありえない落ち着け自分おおおちつけえええ
既にテンパる私。
そんな中ホテルの人が来て、
「お飲物お先にお持ちしましょうか?」
「えええっと、何がありますか?」
「何でもございます」
・・・は?
恐るべし、第一ホテル。
オ○ナミンCって言ったら出てきたのだろうか。
そしてお隣の方と稔さんの話で盛り上がる。
うんうん、オカマアシュレは永遠だよね。

ランチは個人的にはイマイチ…かな。
でも普段滅多に食べないごちそうだったので、美味しく頂きました。
デザートのムースの上に乗ってるチョコが星の形でした。
粋な計らいだぜ第一ホテルさん。

しばらくして、照明が落ちる。
さあ、幕が開く。

 ↓↓↓

「みなさま、ようこそ第一ホテル東京へいらっしゃいました。
 ”元”宝塚歌劇団の、稔幸です。 (←場内爆笑)("元"を強調させて言ってた)
 ただいまより、『Noru's 20th anniversary 星のアルバム』を開演いたします」

…懐かしの開演アナウンス。あの頃と全然変わらない。
いきなり笑わせてくれる所が、さすがノルさん。

◇「ベルばら」より、白きばら一つ〜♪(歌題名失念)(ばらベルサイユだっけ?)
流れるはベルばらのOPのテーマ。
上手の入り口から、黒い影が。
いよいよやってくる。
ステージには黒いシルエットが。
そしてスポットが当たる。

・・・そこには、ノルさんがいた。
私が愛したノルさんが。
4年越しの再会。
ああ…
やっと、やっと会えた。

真紅のジャケット、デニムパンツ。
ジャケットには何本ものラインストーンがぶら下がる。
相変わらず足長くてその上、むちゃくちゃ足細い。
何、この細さ。現役時代より細いんちゃうか?
そして相変わらずの丸顔にオデコ。
あの時と変わらぬ稔さんが目の前に。
一瞬にして、当時の自分に戻った。
あの頃、稔さん大好きだったあの頃の自分に。ピュアっ子だった自分に。
まだ1曲目にして、すでに泣きモード。早いっちゅーねん。

・MC。
ベルばらから順にさかのぼる、らしい。
現役時代を見てきた方は記憶の時計を戻して、
現役時代を知らない人は適当に聴いてて下さい、とのこと(会場爆笑)

◇「風共」より、愛のフェニックス
…バトラーだ。
関西に来なかったから見れなかったんだ。三重には来てたけどさ。
この歌が生で聴けてよかった…。

◇「花の業平」より、忍ぶの乱れ、初めての想い、どんな人よりも〜♪(題名失念)
…イントロ聴いた瞬間、鳥肌立った。
業平。大好きだった業平。
この歌、この声、この目…まさに業平そのものだった。
業平が目の前に。業平が。業平が(しつこいです)
途中台詞も入って(高子様の舞い姿に〜なんたらかんたら)もうたまらん。たかじんの胸いっぱい。

◇「黄金のファラオ」より、青いイシスの星
いい歌だったよね、これ。
作品はどうしようも無かったけど、この歌が唯一の救い。
デュエット曲なので、ゆりちゃんの歌声を脳内再生。ノルユリ万歳。

◇「我が愛〜」より、最初のブランコに乗って登場の時の歌、我が愛の主題歌
秀民、似合ってたよなあ。
ブランコでの登場には何か吹き出すものがあったけど。
岩の絶壁での姿は最高に美しかったっけ。

◇MC
「ほんとかっこいい男の役ばっかでしてましたよねー。
 バトラー、業平、セティ、朴秀民。
 あ、僕秀民じゃなくて、朴秀民。朴は苗字ね。
 生徒の間では業平が人気で、「お姫様抱っこして私も連れてってー!」と色んな生徒に言われました。(ついでに私も連れてってくれ)
 ファンの方の間ではレイ・モンゴメリーが人気でしたよね。
 やっぱり一番の人気の理由は…お金持ちのボンボンだから、ですよね」(その通り)(いやいや違うって)

そこでDC主演作品の歌を歌います。

◇「ラブ・インシュランス」より、歌詞も題名失念(涙)、風
客席へ下りてきます。
……ただでさえ近かったのに、客席へ下りてこられちゃもう。
手を伸ばせば、いや、伸ばさなくても届く距離。
横顔。
ノルさんの横顔。
そう、これだ。
この横顔、大好きだったんだよな。
こんな間近で横顔見るの初めてだ。
アゴのライン、そしてデコのライン。
完璧な横顔だよな、ほんとに。綺麗な横顔だなあ。

◇「聖夜物語」より、主題歌
デーブおやびん、懐かしき。
ルディーに惚れてましたなあ(しみじみ)

・そこで助っ人・羽純るいちゃん登場。
むっちゃ可愛い。そしてお二人で、色々な思い出話を話して下さりました。
・聖夜物語の裏話。
フランクはどうやって死ぬか、というのを考えてたらしい。
最初の設定は「ハーモニカをノドに詰まらせて死ぬ」だったらしい(大爆笑)
それで笑うたびにノドのハーモニカが鳴るようになり、
身体が入れ替わった後もノドからハーモニカが鳴って、周りは「こいつフランクだ!」と分かる設定だったらしい。
しかしいくらなんでもアレなので、
「先生お願いだからそれはやめて」ということで、事故死という設定になったらしい。
「私、ハーモニカの真似なんて出来ないし!」と言って、喋りつつハーモニカが鳴る真似をしてたのが面白かった。
・燃える愛〜の思い出話。
ノルさん、怖かったらしい。…だろうねえ(いえ特に深い意味はありませぬが)
・実は客席には千歳サンと久城さんが。
お二人とも凄い美人さんでした!!

◇サタディナイト・ロマンス
◇「Elegy・哀歌」より、薬のんだ後の歌(この身を命を〜ってやつ)
◇燃える哀の翼
以上3曲、羽純サンとデュエット。
エレジーの歌ってやっぱ鳥肌立ちますなあ。凄い迫力。

その後、ノルさんはジャケットを着替えに。
「見ないでね♪」と何度も言いながら着替えるノルさんが、とても可愛かった。
赤から青に。デザインは一緒かな。

◇WSSの歌より、Something〜、Maria、Tonight、One Hand〜。
トニー、えらいリッチになりましたなあ(トニーはジーンズにジャンパーなのに)
でも嬉しかった。だって、どこにも音源残ってないから。
映画は何度か見たので歌知ってましたけど。
もうね、必死に耳に焼き付けました。
羽純さんとのデュエットがもうホント良くって。感動。

そして羽純さんがナイタンデー歌ってる間に、お着替え。
そしてノルさんが着替えを終えて登場。
上下、真っ白のスーツ。

・・・プリンスだった。
上下白の稔さんは、まさにプリンスそのものだった。
本当に綺麗で、綺麗で、綺麗で・・・。
4年経った今でも、やっぱりあなたはプリンスだった。

◇「クラッシュ・オン・ユー」より、あの空の星へ
本人が作詞した歌。
泣くな、泣くな自分。
何度聴いても、良い歌だなあ。

どれだけ過去を遡っても、時間は流れていく。
夢のような時間も、もう終わりだ。
プリンス・ノルは去っていく。
バイバイと手を振りながら。にこにこ笑いながら。


再登場。アンコール。
最近色んな曲を聴くようになって、歌の好みも変わってきたらしい。
そして稔さんが好きになった歌を歌ってくれました。
◇飛び方を忘れた小さな鳥
これってミーシャだっけ…?ううむ、忘れた。
でもいい歌だね、これ。

歌い終わった後、客席へ下りて帰って行かれました。
また近いっつぅに。どきどき。
投げキッスをしてお帰りになられました。
私はノルさんの「にかっ」というか、「にひひっ」って笑う笑顔が好きで(分かるかな…これ)
それが見れただけで、もう胸がいっぱいでした。…どんだけピュアやねん自分。
うん、でも本当に楽しかった。来てよかった。


改めて思ったけど。
一度好きになった人って、何年経ってもずっと好きなんだなぁ、と。
どんだけ忘れていようと、どんだけ会ってなかろうと、
こうやって再会すると、忘れかけていた感情が、思い出が、一瞬にして戻ってくる。
今も昔も、この人に癒され元気貰って、幸せになって。
ああ、やっぱり今でもこの人が好きなんだなぁ…と、痛感。
この人を好きで良かった、この人のファンになれて幸せだった。
ノルさんに出会えて、本当に幸せです。
ノルさん、幸せなひとときをありがとう。
また再会出来る日を楽しみにしてます。

NORUさん。
これからもお幸せにね。
Prince Noruよ、永遠に。
posted by seto at 21:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 宝塚(OG?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花ネストの時、スタバで誠さんとご一緒にお茶させて頂いたmasaです。
setoさんのピュアっ子な文章にキュンときて(キモ!)、思わずフラフラとコメントしにきちゃいました。
ノルさんにお会いしてきたんですね!
今でも真っ白のスーツが似合うプリンスだったんですね!(並みの男にゃ着れん)
良かった、良かった。たまに、時の流れの残酷さを突きつけられることがあるので。(経験者)
私もノルさん好きでした。
あの長〜い足と顔が好み。
トップになってからはあんまり観れなかったけど、業平は最高でしたよね!!
強く、賢く、気高く、美しく、優しく・・・(止まらない)
でも二番手時代の「イコンの誘惑」のレオナードも好きだったぁ。
屈折してて歪んだ愛し方しかできなかったけど、必死で一途で、もううっとり。(屈折した役が好きらしい)
初コメントなのに、長々すみません。
でも、setoさんのお陰で私も久々にピュアな気分になれました。
ありがとう。

Posted by masa at 2005年10月18日 10:33
初めまして、私も星のアルバムに参加させていただきました。私がファンになった時には稔さんは退団した後だったので今回のイベントに参加できてうれしかったです。歌は、ベルサイユのばらと我が愛は山の彼方しか分かりませんでしたが、ベルサイユのばらは私がファンになったきっかけの作品なので自分の目の前で稔さんが白きばら1つという歌を歌ってくれただけで感無量で涙が出ました。あっという間でしたが本当に楽しかったです。
Posted by さおり at 2005年10月18日 16:46
setoさん、こんばんは。
ノルさんに会いに行かれたんですねーーー。
はぁ〜〜。懐かしい歌の数々・・・
setoさんの記事を読んだら、また懐かしかったあの頃を思い出していました。
朴秀民。僕じゃないですよって、当時もおっしゃってましたよね。
WSSの歌も歌ってくださったんですね。
もう見ることの出来ないトニー。
私の中に残っている微かな記憶を振り絞って、今晩はマリアを思い出しながら寝ようかな・・・

setoさん、素敵な一時をおすそ分けしてくださって、ありがとうございます♪
Posted by miho at 2005年10月19日 22:29
某彩吹ファンのUさんって、なーんていい人なんざんしょ(爆)
そういうお友達は大事にしなきゃダメよ〜。
冗談はこのくらいにして。

4年越しの再会、とっても素敵で幸せだったみたいでよかったね。
読んでるこちらもほんわか幸せになりました。
夢みたいなお席だったのは、ピュアに応援してきたsetoちゃんへのごほうびだよ、きっと。

あー、私もピュアな心を忘れないうちに再会したいわー(誰と?w)
Posted by 某樹里ファンのU at 2005年10月19日 23:41
>>masaさま
お久しぶりです!日生では少しの間でしたが、お話出来て楽しかったです〜。
こんな文章でキュンとして頂けて(笑)嬉しいです。
今でも白がとってもお似合いでした…ホント、並の男にゃ着れんとです。プリンス限定ですね。
>時の流れの残酷さ
一体どなたで経験されたのか…気になります(笑)

masaさんもノルさんがお好きだったのですね♪
業平、最高でしたよね。
好きな役でかつ、思い出深い役でした。
>強く、賢く、気高く、美しく、優しく・・・
うんうん!!!(激しくうなずく)
あっ、私もレオナード大好きでしたっ!
二番手時代で一番好きかもです。(あ、でもペペルもトリスタンも好き)
レオナード、悪役なんだけど憎めなくて。必死で一途で、もうたまらんですよね(うっとり)
2幕でタチアーナを思って歌う「ただ一つの愛」が大好きで大好きで。
ストレートな歌詞が、ノルさんの声によく合ってて…もう本当に素敵。
あとはフィナーレのダンスが大好きでした。カッコエー!
イコン〜はストーリー自体面白くて好きでしたねー。あー久しぶりに見たくなってきました。

いえいえ、こちらこそこんな文章を読んで頂けて嬉しいです。
たまにはピュアになるのも大切ですね(笑)
それではコメント、ありがとうございました〜!


>>さおりさま
初めまして、setoです。
さおりさんも参加されたのですね!
ホント楽しかったですよねっ!相変わらずテンポ良いトークも面白かったですし。
ベルばらがきっかけなんですね♪オスカル可愛&格好良かったですもんね〜。
きっかけとなった作品の歌を目の前で聴けるなんて、本当に感無量ですよね。
私もこんなに近くで見るのは初めてだったので、本当に幸せ&感無量でした。

ベルばらと我が愛〜しか分からなかったことですので、是非他の舞台もご覧下さいませ♪
素敵な役が沢山ございますので。
またこうやってお歌が聴ける機会があればいいですね。
それではコメント、ありがとうございました!


>>mihoさま
こんにちは、いらっしゃいませ♪
会いたい気持ちが押さえきれず、会って来ちゃいましたっ。
ホント、懐かしい歌の数々。
それぞれの曲に色んな思い出が沢山詰まっていて…
僕秀民じゃないですよ、当時も言ってたなぁと思い出したり。
あとは万姫の妖力に騙されて…とか、ユリちゃんは化け猫…とか(笑)
本当に今でも変わらず面白いです人でした。
そしてWSSの歌を歌って下さったのが、本当に嬉しかったです。
しかも4曲もっ。デュエット曲なんて鳥肌モノでした。
私は生で見れなかったので、こうやってトニーを間近で見れて幸せでした。

沢山のことがあってここには書ききれなかったですが…
このひとときを少しでもお伝え出来ていれば幸いです。
コメントありがとうございました♪


>>某あやb…樹里ファンのUさま
ほんと、なんていい人なんざんしょ(爆)
いやいや、本当にあの日はありがとうございましたm(_ _)m
道案内含め、食え!食え!メール(笑)で憤死から救ってくれて(いや実際憤死しましたが)

いやーホントに幸せでしたー。のるさん素敵すぎ。
ピュアに応援してきた…のかなあ。分かんないけど。
ボーッと見てたらさ、ふと我に返って「えっ、今もしかして私ウットリしてる!?ピュア!?」と自分でも焦ってたぐらい(笑)。
ノルさんに関してはホント、ピュアだなーと改めて実感しちゃった。(ノルさん以外はっ!?)
なんせその日は、アルコール一切飲まなかったもの(パ○祭とは大違い)
…これで運使い果たして、ガラコン行けないとかいう事態になったらどうしよう。

久々にピュアな心を思い出しました。ピュアになるっていいですねー
是非、Uさんもピュアな心を忘れぬうちに再会して下さいませ!(誰とっ!?笑)
…BちゃんにトキメキなUさんが見たーいなー(ぼそぼそ)



皆様コメント、ありがとうございました〜!
これからもPrince Noruを温かく見守って下さいませ。
Posted by seto at 2005年10月20日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。