2007年05月16日

愛という名のつぼみを〜雪のフランツ陛下

音月君のルキーニって、マジシャンのセロに似てるよね?
もしくはスマスマでキムタクがパロディしてるゼロか。
誰も分かってくれないから、もどかしくって。

で、本題。

エリザ見てて思い出したこと。
“そういや私、フランツ好きだったな”って。
忘れてたわけじゃないけど。
…忘れてたのかな。
しばらくエリザに触れてなかったからね。
ウィーン版DVDではルキーニに骨抜きにされた人ですから…ルキかっこよすぎ。

で、フランツ。
いやはや…やっぱりいいよね。
こーゆう真面目で誠実で、ちょっぴり情けなくて、でも温かくて。
まぁ私は優しすぎる人って好きじゃないんだけど。
やっぱり、やさしさっていいな。

そんな今回のフランツさん。彩吹さん。


激甘党ベタ褒め注意報
posted by seto at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

ぼくの全て、溶かされた〜雪エリザ初日

エリザ初日、モチロン見てきましたよ。
シシィに見入って魅入って。
ルキーニに心底惚れて。
やっぱりフランツさん素敵すぎて好きすぎて、惚れ直しまくった。てゆーか歌上手すぎやろ。

まぁ、この人達についてはそのうち別枠で語ろうかと思います。

今日はやっぱりこの人。

たった一人の人間なのに、僕を震えさせる
posted by seto at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

夢を叶えるまでの道のり〜星組さくらハンター初日

緊張が目に見える客席。
期待と熱気に満ちあふれている。
こんな客席に巡り会えることは、滅多にない。
過去に何度かそんな客席に居合わせたけど、今日は特別。
今日はあの安蘭さんの、あの遠野さんのお披露目の日。

楽屋入りはさくらの花を持ったファンクラブさんに迎えられ。
「初日おめでとうございます、いってらっしゃい!」と。
安蘭さんはにこにこ手を振りながら、ファンクラブの間に作られたさくらの花道を通って入っていかれました。


あまりネタバレしてませんが、念のために…
posted by seto at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

おささん大好きです!〜花黒蜥蜴千秋楽

花組千秋楽、観てきました。
・・・といっても、途中からですが。

どうしても抜け出せない用事があって。
本当はチケット手放そうと思ってたんですが、やっぱり少しでも多く寿美礼さんをこの目で見たい!と思って。
ショーだけでも観れたらいいやという気持ちで、用事を済ませてから走りました。
なんとかお芝居半分すぎた辺りから観ることができました。
残念ながら、中央線の真上を走る暴走車のアドリブは観れませんでしたが…。
明日のCSに期待してます!


ショーが終わると、今回退団者がいらっしゃるので、その間組長さんによる挨拶と、今公演より組替えになった三人の挨拶が。
真野さん「無事に千秋楽を迎えられたなと思っていたら、ショーの幕開きで躓いてしまいました」などなど。
白鳥さん「華やかな花組の一員としてこれから頑張ります」
壮さん「花組の皆さん、ファンの皆さんに温かく迎えられ、当たり前のように幸せに過ごすことができました。…私退団するみたいですね(会場爆笑)」

そして、組長さんによる退団者紹介の中に出た公演名。
「アーニー・イン・ラブ」
・・・・そんな公演、あったっけ?
不覚にも考え込んでしまったけど、すぐ分かった。アーネストか?

ステージには春野さんと華桐さんの二人。
春野さんが華桐さんに一言「どうぞ」とうながすと、「おささん大好きです」と!
「うひゃ!」だか「どひゃ!」だかビックリして笑顔な春野さん。
その後春野さん、「私も華桐わかなが大好きです」と格好良く言ってさ!寿美礼さんかっこえー!!


そんな中、とても印象に残ってること。
幕が閉まる時、みんな手を振るんだけど。
華桐さんはお花持ってて、手振れなくて。
すると隣にいた真飛君がかわりに手を振ってあげててね。
右手を華桐さんの手元の方で振ってて、華桐さん凄くニコニコしててさ。
真飛君も華桐さんの分まで、両手でニコニコ手を振ってて。
その光景が凄く微笑ましくてね、心が温かくなりました。
もうすぐ春がやってくる、そんな温かい千秋楽でした。
うん、無理してでも来て良かった。
posted by seto at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

あなたのゆかりの地は?〜水さんトークショーその1

ホワイトデーに行われた水さんのトークショー。
どのくらいの時間に行けばいいか分からんかったので、結構早い目に並びに行ってきました。
そのおかげで、なかなかの場所でガッツリ見させて頂きました。

とまぁ色んな所で報告されていると思いますが、私的に印象的だったこと&覚えてる所を書いておきます。
楽しかったので、忘れないように。

とまぁ脳内メモの記憶に頼ってますので、だいたいのニュアンスですので。
そこんとこヨロシクお願いします。

ワタシもあなたもファンモード
posted by seto at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

こまが何だー!!〜明智さんと黒蜥蜴

前もって言っておこう。
ファンの方ごめんなさい。
いや一応私もファンなんですけど。


予想通りに素敵だった明智さん。
予想通りにオトコマエだった潤ちゃん。
予想通りにええ人だった波越警部。
そして予想以上に可愛くて、ビックリするぐらい素敵だった黒蜥蜴ちゃん。

それなのに。
それなのに!!

見終わった後、爆笑してしまったんですけど。
ええもう大爆笑。
いや、見てる途中から笑い堪えようとガタガタ震えてたんだけど。

あんだけ素敵なキャラが揃ってるのに。
あんなにかっこわるい話だなんて。
いやはや・・・。

私だけかと思ったら、母を連れて行ったら母もゲラゲラ笑ってた。
「ちょっ!!ありえなひ・・・!!」って泣きそうなぐらい笑ってた。
よかった、私だけじゃなかった。
だって、ねぇ・・・


ネタバレ、だけども。
posted by seto at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

強いですよ〜中日星影の人

私の中での「星影の人」は、TCA2001の再現なのよね。
何も歌わないで銀橋を渡る沖田はんとか、
そのバックで素晴らしい歌声を奏でる新撰組隊士とか、
本人は大真面目にやってるつもりでも、どうしても余興にしか見えない玉勇さんとか。
そんなはちゃめちゃなイメージしかないので、どんな話か楽しみにしてまして。

たぶん、ネタバレ。簡単に書いてみよう。
posted by seto at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

みんな白い〜宙組東宝千秋楽入り

朝の日比谷、ばり寒い。極寒。
シャツにセーターにジャケットにコートにダウンジャケットを着用という相当な厚着して、その上カイロも貼ってみたけど寒かった。
手袋もしてたんだけどねー。
ごわごわで雪だるまっぽくなって頑張ってましたさ。

ゴールドのジャケットを着た人がきた。
ええ、ええ、一瞬で分かりますとも。
期待を裏切らない、スーパースターです。
ああ、すーばーらしいー!

貴羽さんのとこは「最後の舞台、楽しんできて下さい」だったかな。
紫城さんのとこは、相変わらず掛け声があってなくて。
そんなところもほほえましく、るいちゃんは笑顔で見守ってました。

で、貴城さん。
ハーレーのサイドカーに乗車して登場。
こんなんです↓
かわいかったっすよ

そういや待ってる途中にハーレー集団が劇場前を走ってて、珍しいなぁと思ってたんだけど。
なるほど、この予行練習だったのね。
アヤシイと思ってたけど、まさかタカラジェンヌがハーレーで登場するなんて思わなかったので。
さすが貴城さんやなぁ。

貴城さん、上は白だけど下はジーンズなところが貴城さんらしい。
ゆっくり手を振りながら劇場入り口まで歩いて。
白装束集団を見て、いつもの貴城ボイスで「みんな白い(笑)」と声を漏らしちゃったり。
紫城さんや貴羽さんの会にも手を振っておられました。

劇場入り口に設置されたアーチをくぐり、劇場内へ。
劇場内にはおにぎりのお面を被った組子がお出迎え。
貴城さんは王冠とマントを身につけ、赤いハート形の浮き輪?を首からかぶって。
(よく見えなかったので、詳しくはラストディDVDをお買いあげの上、ご覧下さいませ←宣伝)
そして恒例の主題歌「I Love かしさん♪」を歌ってお出迎え。

そんな大盛り上がりの中、楽屋へ入っていかれました。


・・・はぁ。どこまで、書けるかな。
未だに実感が無いというか、信じようとしてないのか。
posted by seto at 20:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

白くて寒くて温かくて

朝は普通に寝坊したので、出待ちだけ行ってきました。
おかしいなぁ・・・昨日は結構暖かかったんだけど。

日 比 谷 極 寒 

まじやばい。
この寒さは何。
ほんまやばいぐらい寒かったから、がたがた震えるわ変な奇声発するわで、わたし途中でおかしい人になってしまったよ。
この調子だと、明日は本気でやばいんじゃないでしょーか。
みなさん風邪をひかぬようお気を付けを。
・・・そういう私は現在頭痛に悩まされてますが(恒例)

大勢の人がいるのに、貴城さんは一人一人から手紙を受け取ってて。
ほんま、温かい人や。
温かくて、優しくて。
・・・なんか、泣けてきた。

今日から真っ白になってたので、劇場前はすごいことに。
道行く一般人が「すげぇ!」と連呼。
日生で公演中のシカゴが終わった時間なんて、凄いわ凄いわ。
「何があるんですか?」と聞いてる人がいて、そんな白装束軍団を「とても素敵です」と答えてた。
・・・白装束を素敵だと言った人、初めて見た。

大和さんは、車に乗って窓をあけて、ずっとずっと手を振り続けていた。
走り出しても窓から手をぴーんと出して、ぶんぶん振って。
姿が見えなくなっても車の屋根の所に手をぴょこんと出したり。
その手、すっげーーーーかわいいの。
うっかり惚れそうになったぜよ。

さて、いよいよ明日。
なんか全く実感ないし、信じられないんだけど。
頑張ります。寝ないようにしなきゃ(ここ重要)
posted by seto at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

それ以上でも以下でもない〜宙組竜馬伝

本日2公演、見てまいりました。
久々の竜馬さんは、いっぱい笑ってるように感じた。
いや、以前からいっぱい笑ってますけど。
なんか笑顔が増えたように感じた、約1ヶ月ぶりの竜馬さん。

OMC貸切、楽しかったー。
幕開きの蘭寿くん。
ウィンクと同時に「OMC!」とかっこよく。

蘭寿さんと北翔さんの場面。
手にはOMCカード入会案内。
北「あ、ハローキティのOMCカードだ」
蘭「入会受付は2階のロビーで行ってます!」
宣伝バッチリ。

ポピーの所も、女王?と大和くんが
「OMCカード使ってるの!?」
「使ってるわよ〜」みたいな感じに。

めがねのバトラーさん、金髪でほわほわした髪型。
めがねは銀のラメラメ縁に黄色いレンズ。
振り返った瞬間、違う。
違う。
全然違う。
そう、違ったの。
見た目もだけど、動きが。
普段のバトラー君はぼけぼけしててほえ〜ってしてるのに、今日はキザりまくりのキメまくり。
一昔前のアイドル風。
かっこかわいいというのは君のためにある言葉なのかもしれない。
かわいかった・・・。


とまぁ、久々に見る竜馬さんであり貴城さんなわけですが。
ぼんやり見ながら、ふと我に返った。

・・・何をこんなにがんばってんだろって。
何で無い金をしぼってここまで必死になってんだろって。
そのお金、もっと他のことに使えばいいのにって。
思っちゃったのよ。
思っちゃあかんことなんやろうけど。

でもね。
貴城さん見てると、わかった気がした。
何でここまで頑張ってんのかって。
何でここまでして、必死になってんのかって。
出てきた理由はただ一つ。
貴城さんが好きだから。
それ以上でも以下でもない。
ただ、好きだから。
だから見たいと思うんだろう。
だから東京まで追いかけてたんだろう。

私なんて今まで、ファンらしいこと全然できなかった。
もしかしたらファンじゃないのかもしれない。
でも、好きなんだ。
好きでたまらんのだろうな。
こんな単純なことが、今になってやっと分かった。

何も恩返しできないけど。
千秋楽まで残りわずか。
1回1回を大切に見ていきたい。
貴城さんが客席に伝えたいことを、少しでも感じ取れるように。

では明日も見てきます。
posted by seto at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

日本中が泣くですたい〜宙組竜馬伝

第二次東京遠征。
13日:入り→15:30→茶会
14日:入り→11:00→15:30→出
頑張った。よーやった>自分

この第二次東京遠征中に、私は初めての経験をした。
わたしは今回の遠征で、初めて竜馬伝で泣いた。
この作品で一生泣くことは無いと思ってたのに。
初日でもなく千秋楽ない、普通の公演の日。

いつもと違う所と言ったら、視界。
この日初めて見る場所から見た。
どセンターで、誰にも視界を邪魔されないところ。
見慣れない視界から見る舞台は、なんだか新鮮で。

いつも通り、オペラはハンター方法で。
よくファンの方がやってるあれです。
腕が筋肉痛になるんじゃないかと思っているうちに、舞台もラストシーンへ。
竜馬さんの最後の銀橋渡り。
銀橋の真ん中で止まり、劇場てっぺんの照明の方を見た。

………。
思わず、オペラを下ろした。

まぶしかった。
いやオデコじゃなくて。
竜馬さんの、貴城さんの笑顔が、まぶしかった。

この瞬間暗い劇場が、一瞬にして明るくなったように感じた。
ライトを浴びた笑顔が、この上なく光り輝いて見えた。

この輝きを肉眼で見たいと思った。
オペラ越しではなく、この肉眼で。
この身体中の神経を使って、この輝きを感じたかった。
だから自然とオペラを下ろした。

舞台の真ん中で輝く、トップスター貴城けいを。
全神経をかけてこの目で見た。
この目に焼き付けた。
いつまでもこの輝きを忘れたくないから。
いつでも思い出せるように。
じっと、じっと。

…気付けば、涙が出てた。
目が乾いたからか?いや、違う。
悲しかったからか?
嬉しかったからか?
悔しかったからか?
幸せだったからか?
理由は分からなかった。
でも、その輝きが胸につきささった。
少し痛みもあったかもしれない。
それでもあなたは眩しかった。美しすぎた。

銀橋から舞台に戻った竜馬さんを見てても、涙が止まらなかった。
号泣ではない。静かにそっと、涙が頬を伝った。


はぁ…
2●回目にしてやっっっと泣いたぜよ。
一生泣かないと思ってたんだけど。
あと何回観れるかわかんないけど、大切に見守り続けたいと思いましたさ。
posted by seto at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

あけおめ言うの忘れてました〜宙組東京初日

東京の所々に門松が。
正月の三が日に東京なんて初めてかも。
そんな中、宙組の初日へ。

開演アナウンスもお正月風。
「新年あけましておめでとうございます。」
うんうん、あけおめ〜かしげさん。
「作・えんすつ、いしだまさや」
・・・ここはムラのと変わらないのね。

久々の竜馬さん。
1ヶ月・・・は経ってないけど、半ヶ月ぶりぐらいかな。
だから竜馬さんのシルエットを見たら、心臓が痛くなった。
ああ、とうとう始まってしまう。
このままシルエットのまま終わってくれたらいいのに、という寂しさと。
やっと竜馬さんに会える、という待ち遠しさと。
いや、今日はお披露目だ。だから別のことは考えない考えない。
竜馬さんは相変わらず可愛かったです。

ショーは変更点がいろいろと。
プロローグ、マントの赤い軍服で登場する貴城さん(ちなみに今回のショーで私が一番好きな衣装)、
ムラでは何にも乗らず普通に平面上に登場してたんだけど、
東京では一番最初に登場の時の太陽みたいなセットの小階段の上から登場。
うん、その方がいいかも。

天上画の貴城さんの衣装が黄色&紫から白へ。
オレンジのストーンが散りばめられてて。
・・・それより私は周りの人をの衣装をかえて欲しかったんだけどな。
最後は「あーあーあー♪」と歌ってました。

あとは大階段群舞→デュエットダンスに変わる時、貴城さんの上着を袖へ持って帰る男役さんが変わってた。
まぁこれは微暗転の時だからいっか。
男役さんの隊列が変わったのかな?

かしるいさん、東京でのお披露目おめでとうございまーす!!

まぁ、とりあえずあと一日堪能してきまーす!!
夜の日比谷は寒いなぁ・・・。
posted by seto at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

どうもこうもないっすよカシティ

町はすっかりクリスマス色。
そんな中、私はいつも場所へ。
ええそうです。今でも一応ヅカファンやっとりますので、見たかったんです。
クリスマスの入り出を!!
こういう日は大体、どのファンクラブさんもイベントなるものを行うわけです。

クリスマスなのに、まぁまぁ人がいらっしゃいます。
いや〜さすが。クリスマスなのにみんな何やってんでしょ。…私も。
大体イベントは出待ちに行われます。
出待ちの時間になると、サンタの風船とかサイリウムなどが目に入ります。

…ま、あんまり詳しくは言いませんけど。
ってかあんま覚えてないんですけど。
某所は手渡しでプレゼント貰ってたりしてました。
自ら「サンタです」って言ってた所がカワエエ。
相変わらず綺麗なお方です。

まぁある意味寂しいんですが、楽しいクリスマスでした〜。


タイトルの元ネタは分かる人だけ分かって下さいませ。
…分かる人、おるんかね。
posted by seto at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

記憶力はいい方でね〜星組ヘイズコード

やっぱ星組好きだぁ。

って痛感しました。

正直、観る前はちょっと怖かった。
湖月さんがいない星組を見るのが怖かった。
でも安蘭さんファンでもある私は、何が何でも見たかった。
複雑な胸中。
でもね、見てよかったって心から思ったのさ。
すっごい楽しかったんだ。
心、温かくなったんだ。
ああ、やっぱ星組好きだなぁ。

ネタバレでーーす
posted by seto at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

巡り会えた奇跡〜宙組パレード

終演後、心配していた雨はやんでいて一安心。
劇場から出た時は寒かったんだけど、待ってる間はなぜだか温かくて。
それは多分きっと、胸がいっぱいになったから。
舞台で微笑む貴城さんの笑顔が、とても温かかったから。

下級生順番から出てくる。
いつも思うことだけど、退団者はいつも不思議なほどに光り輝いている。
誰にも真似できない輝き。

貴羽さん。
ぱ〜〜っと輝きを放つ笑顔が眩しくて。
まぶしさで目を覆ってしまうぐらい、光り輝いていて。
ほんとにほんとに綺麗でした。

紫城さん。
ファンの方からは
「るいちゃんと出会えたことは宝物です。沢山の夢を有り難う。」
はっきりとは聞こえなかったけど、こんなメッセージを送っていました。
また、貴城さんのファンクラブの前では「ありがとうございました」と丁寧に深々と御辞儀をされてました。
そして赤いオープンカーに乗って旅立って行きました。

貴城さん。
もう、なんていうか。
ありきたりな言葉だけど。
何度も何度も言った言葉だけど。
本当に、本当に美しくて。

「かしちゃんに巡り会えた奇跡、忘れません。
 たくさんの愛と笑顔をありがとう!!」

すると貴城さんは、
「私も皆様と出会えた奇跡、忘れません。(忘れたので中略)ありがとうございました!」
そのあと投げキッス。

オープンカーのエンジンがなかなか入らず、車に乗ったまま動かず。
写真撮り放題の状態になってました。

やっとエンジンが入り、旅立って行かれました。
旅立つ背中を、細いけどどこかたくましい背中を見つめながら、色んなことを思ってた。
何を思っていたかはもう忘れてしまったけど。
覚えているのはただ一つ。
“あなたに巡り会えた奇跡、絶対に忘れない”と。


で、大和さんの登場。
入りで着てたアリエナイほど格好良い赤い服。
ブーツも決まってて、めちゃめちゃスターさんでした。

パレードが終わった後、一気に寒くなった。
おかしいな、さっきまで温かかったのに。
人垣が無くなったから?でしょうか。
それとも、一気に寂しさが訪れたからでしょうか。

にこにこ笑う貴城さんが見れたから、とても胸がいっぱいになった。
でもちょっと、寂しくもあった。


少し季節は早いけど、パレードの道はポインセチアで囲まれていました。
実はそのうちの一つ、我が家にあります。
共に見送った仲間
今も元気に育っています。
見ているとなんだか思い出してしまう。
貴城さんの言葉。
貴城さんの投げキッス。
貴城さんの笑顔。
なんか少し、涙が出た。
posted by seto at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

かけがえのないもの〜宙組千秋楽

ここ最近、アクセス数がぐーーーんと増えております。
宙組千秋楽のせいでしょうか。
前楽を少しと、楽の入りの報告しかしてないのに…なんだか申し訳ないです。
前楽・千秋楽のアドリブとかさよならショーの様子は、他でご覧下さいませ。
私には書くことが出来ません。
その場にいたから味わえたこと、そして感じることができたことを書きたい。
見に来れなかった人の分まで書きたい、そう思ってパソコンと向き合った。
でも、できなかった。
何を書けばいいのか分からなかった。
目を閉じたら今でも思い出せる。
でもそのことを的確に表す言葉がない。
私には無理だった。

だから私に書けるだけのことを、少しだけど書き残しておきます。
忘れないように。
自分のために書いたようなものなので、読み流して下さい。


さよならショー開演までの間、組長さんが貴城さんからのメッセージを読んだ。

「この卒業で悲しませて、傷つけてしまったかもしれません。
 でもみんな離れていかずに、逆に近づいてきてくれました。
 沢山のかけがえのないものをありがとうございます。
 私にとって皆様の存在が、一番のかけがえのないものです。
 心を込めてさよならショーを演じます。」

組長さんのやさしくも真っ直ぐな話し方が、ファンの心に突き刺さり、包み込む。
そのメッセージはじんわり痛く辛く、苦しくて。でもどこか温かくて。
沢山のかけがえのないものを下さったのは貴城さん、あなたなのに。
そんなあなたから離れるわけないじゃないの。
だから貴城さんが魂を込めたさよならショーを、私たちも全神経を集中させて観て、聴いて、感じた。

私が一番泣いたのは、紫城さんのローラの歌の場面。
大階段で一人立って歌い出す紫城さん。
力強く、優しく、まばゆい光が放たれた瞬間だった。
泣いた。信じられないぐらいに泣いた。

そして「愛の煉獄」。
やっぱり思い入れが強すぎる役だったから、歌い始めた瞬間ぼろぼろ。
この役が、アレクセイ・カレーニンがいたから今の私がいるわけで。
一途にアンナを想い、愛し続け歌う姿。
変わらないんだ、あのときのカレーニンさんと。
衣装は派手だけど、貴城さんは間違いなくカレーニンそのものだった。
カレーニンに巡り会えた奇跡。貴城さんに巡り会えた奇跡。
忘れやしない。忘れるもんか。

「仮面のロマネスク」
イントロが流れた瞬間から鳥肌が立った。涙が溢れ出した。
そこにいた二人は間違いなく、ヴァルモンとメルトゥイユ。
あなたがいたから苦しくて、悲しくて、恋しくて、生きていられた。
…ごめん、もう何て言えばいいか分かんない。

途中で貴城さんヴァルモンが言う。
「忘れないよ…」
この一言が身体中に沁みわたる。

忘れない。絶対に忘れない。
posted by seto at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I Love かしさん♪〜宙楽入り

忘れないうちに書かなきゃ!
覚えてる限り報告して行きます。

楽屋入り。
大和さんが物凄い服装で入っていった。
そのまま舞台から抜け出したかのような真っ赤な服装。

天翔さん。
ファンの方達が「ゆうりさんらしい舞台を〜」みたいな感じに言ってた…かな。

貴羽さん。
ファンの方が多くて、遠くにいた人達にもっと寄って寄って〜と手招き。
楽屋口前は屋根があるのに傘をさしたままで、それに気付いてあわてて傘を閉じてました。
めちゃめちゃ可愛かったー。

紫城さん。
ファンの人たちは「竜馬さまばっかり見てないで、私たちのことも見て!」と言ってた。
しかしファンの皆さんの声がバラバラで、るいちゃんも笑ってた。

頭に素顔や舞台化粧のお面を被った組子たちが登場。
そして貴城さん登場。
車から降りるとマント&王冠を被る。
背中には『宙組三代目』。
これを見たとき、めちゃめちゃ嬉しかった。
期間は短かったかもしれない。
でも宙組の歴史には確かに「貴城けい」というトップスターが刻まれているんだ。
そのことが嬉しくて嬉しくて、少し泣いた。

アイラヴショパンの曲に合わせて、♪あいらぶ かしさん〜♪
んで人力車が登場。
人力車には組子の写真とおにぎりがぺたぺたと貼ってあり、背中部分には大きく竜馬さんの写真。
大和さんがひっぱって、紫城さん&蘭寿さんが後ろから押してました。
蘭寿さんが着ているカッパに「I LOVE かしさん」とマジックで書いてある。
よく見ると「The おにぎり王子」とも書いてあったのに大爆笑。
人力車に乗った貴城さんは、少しすました顔で手を振って。(天皇家みたいな感じに)
降りる時は蘭寿さんが手を差し出しエスコートして貰いながら降りてました。
貴城さんはすっげー嬉しそうだった!らんとむ君、かっこよすぎだ。

ファンクラブさん「竜馬さま、愛しています!いってらっしゃ〜い!」
組子さん「今日も一日よろしゅう頼むぜよ!」
クラッカーぱぱぱぱーん、に貴城さんびくりーつ。
大和さんは貴城さんに拡声器が渡しコメント。渡された時は凄い演出だな〜みたいに驚き。
「あーあー、マイクテスト〜(ファンばかウケ)(忘れたので中略)今日もよろしゅう、頼むぜよ。」

貴城さんは手に手袋をしてて、その手のひら部分にキスマークがプリントしてありました。
ファンの皆さんに「ちゅ〜!」と言いながら手のひらを見せたり。
ビデオ係の瀬奈さんに「ちゅ〜!」と言いながら、両手のひらを瀬奈さんのほっぺにぷにぷにしたり。
同期愛、素晴らしき。

お天気はあまり良くなかったのですが、温かい入りでした。
posted by seto at 01:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

声にならない言葉〜宙組竜馬

今日初めて、“貴城竜馬”が“坂本竜馬”に見えた。
何がどー違ったのか分からんのだけど。
今日の午前の公演は、今までで一番良かったと感じた。
…何でか分からんけどね。

ハンカチ七帆くん。
昼@竜馬のイラストの入ったハンドタオル。銃持って走ってる竜馬さんのイラスト。
旅行のお土産ハンカチ、かな。
赤字で“RYOMA”、全体は白だったかな。
夜@昼のやつの色違い。全体が水色で、文字も青。
このハンカチ、かなり可愛いんですけどー。
どこの観光グッズだろ?ちょっと欲しくなった。

カップ竜馬さん。
昼@ずびびび、まずい。「うぷっ」って顔してたので、相当不味そうでした。
夜@ずびびび、おいしい。にゃは〜って笑顔。

酔っぱらいバトラーさんは日に日にエスカレートしてて。
もう何がどーなってたか忘れるぐらい、可愛かったです。


さて、いよいよ明日からサ○ナラ公演が始まります。(思わず伏せ字)
ちょっと必死になって通ってたんだけど、一体何のために通ってるんだろうって。
ふと我に返って考えてしまう。
目に焼き付ける為ってのはもしかしたら、建前なのかもしれない。
じゃあ、なぜ?
分からない。
分からないから、見に行ってた。
知りたかったから。

…なんかよく分からんくなってきた。
とりあえず、サ○ナラが始まってしまう。

大丈夫。
今まで通りに見てたら泣かないさ。
この公演ではびっくりするぐらいドライアイなので、大丈夫。暗くならない。

明日は帰ってこないので、更新するとしたら携帯から。
では行ってきます。
posted by seto at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

一夜だけの夢〜宙竜馬伝

メガネのバトラー君、カツラが数種類あるらしい。
結構見に行ってるはずなんだけど、実は1種類しか見たことが無かったり。
役替わり系は全部見たい私にとって、これは緊急事態。
どうやら貸切の時に登場するとの情報。
んでも私、何度か貸切見たけどどれも一緒。
恐らく今日が最後の貸切観劇。
さーて、どうなる。
いつもと一緒か?

幕が開く。
ピアノを拭く後ろ姿。

 き  た 

何か違う。違う。違いすぎる。
毛が逆立ってるよ!?
そして振り向く。

きたきたきたきたきたきた!!
金髪というより黄髪で、髪逆立ってます。
その姿はまさにスーパーサイヤ人。
(他の方が言うには、星の王子様らしい)
こんな感じ→かめはめはーーー
ちょっと違うけどね。
なんか悪ガキみたいで、めちゃめちゃカワエエ。

大和さん蘭寿さんにワイン注ぐ時、普段は二人とも凄い可愛い笑顔で微笑んでるんだけど。
注いだらサイヤ人見て「ん?」とか「誰?」みたいな顔しててさ。
それもまた面白かった!!

踊りながら黄髪を触って形整えてたり、
カツラ取った後もサイヤ人ヘアーのデスチャーしてみたり。

貴城さんの酔っぱらいっぷりも凄かったー。
組長さんに体当たりしたりワインぶっかけたり、めちゃめちゃ可愛かったー。


ハンカチ七帆くん。
午前@ハート、午後@イチゴ…だったかな。
カップ竜馬さん。
午前@ずびびびび、おいしい。
午後@フーフーずびびび、まずい。

入り→2公演→出と見てきて、今にも倒れそうな私ですが。
明日も頑張れ自分。
posted by seto at 23:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

明るく、ね

やっぱりお茶会の報告はしないことにしました。
何を書いたらええんか分からんかったので。
とりあえず、感想だけでも。

会場の様子。
看板。
竜が天に帰っていく

出入り口にはこんなアーチが。ムラ最後のお茶会だから、かな。
ま、くぐってませんけど

あとは〜。
かみのもとサンから、ダイヤの爪ヤスリを貰ったり。
毎度恒例のお土産はまぁ、使用用途のありそうなものだったり。
楽しかったですよ、はい。
貴城サンは頬がこけてて、目の下にはクマ。
見ていて辛かった。泣きそうだった。
それでもやっぱり美人さん。

貴城さんはただひたすら優しくて。
この人はどうしてこんなにも優しいんだろう。
やさしくて、やさしすぎて。
ショーでも歌ってるけど、口がヘタな貴城さん。
そんな貴城さんは一言一言言葉を選んで、詰まりながらも一生懸命私たちに伝えようとしてくれた。


宙組公演、あと1週間を切ったそうです。
が、私の中ではまだお披露目公演中なので。
全く考えてない、と言ったら嘘になりますが。
なるべく考えないようにしてます。

私にできることは、舞台を見に行く事しか無いのよね。
できる限り見に行って、竜馬さんを、ショパンを、貴城さんを目に焼き付けて、感じ取って。
そして泣かないように、暗くならないように。
そんなことしか出来ないんだ。
自分にできる精一杯のことをしよう。

って、めちゃ暗いやん自分。
明るく行こう!うん、前向きにね!
posted by seto at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚(観劇とかinムラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。